女子大生マーケティング部へようこそ!
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、就活サポート。

こんにちは。女子大生マーケティング部4年の井上です。

将来のなりたい自分に近づくため、秋から就職活動をスタートさせた学生も多いです。しかし今年は、例年とは異なり説明会がオンラインになるなど、不安を抱えている学生も多くいます。

「女の転職type」が2020年5月〜6月に自社会員1,024名に対して行った「女性と仕事に関するアンケート」の調査結果を発表しています。

▼コロナ騒動の前後で、転職活動の進み具合が悪くなったと感じるのはどんなところですか?
・応募したい求人が減った 69.8%
・応募していた企業の採用が中止・延期となった 47.1%
・企業からの連絡が遅くなった 40.1%
・書類選考が通らなくなった 36.8%
・面接を通過できる確率が下がった 23.5%
・面接の日程調整が難しくなった 22.2%
・企業への返信がタイムリーにできなくなった 8.8%
・書類作成など応募準備に時間が割けなくなった 8.4%
・その他 9.5%

コロナ騒動後に求人が減ったり、採用中止となった企業が多くなったことで、転職に支障を感じている女性が多いことが分かります。また、応募をしても選考通過が難しくなったり、面接がうまくいかなかったりという悪化の様子も伝わります。

女子大生にとって就職活動は人生を決める大事な挑戦。そこで、女子大生が就職活動をする際にどんな悩みや要望があるかを聞いてみました。

●女子大生の声

▼就職活動に関してどのような悩みがありますか? どんなサポートやサービスがあれば使ってみたいですか?

・一緒にES(エントリーシート)を考えてくれるサポートがあったら使いたい。1人で一から考えるのは大変。

・LINEでいつでも気軽に相談出来るサービスがあれば利用したい。匿名で相談できるサービスがあれば、気兼ねなく何でも相談できる。

・ESやエントリーの締め切りをまとめて教えてくれるサービスがあったら使いたい。1つ1つの会社を確認するのが大変。

・女性社会人が会社での経験を書いているサイトだったり、相談に答えてもらえるようなものがあったら使いたい。

LINEでの相談、締切日の通知、女性の経験談のサイトなど、スマホを使って解決できたらいいと思われるような要望が多いことが分かります。

就職活動支援会社がサポートをするだけでなく、学生を採用する企業の人事部自身もこのような相談や情報発信をすることで、優秀な女子大生は安心感を持ち、その企業にもっと親近感を覚えてエントリーが増えるのではないでしょうか。

ABOUT ME
「女子大生マーケティング部」編集部
「女子大生マーケティング部」編集部です! 経営者やマーケティング担当者の皆さんに、有用で有益な情報をお届けしてまいります。どうぞよろしくお願いします。
RELATED POST
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、百貨店業界。

2011年7月25日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部3年の鈴木です。最近夏のセール時期で、いつもは手が出せないブランド品の財布を、新宿伊勢丹で祖母におねだりして買ってもらいました。さて、『日経MJ …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、オンライン授業。

2020年5月30日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部4年の鈴木です。 自粛が徐々に緩和されてきましたが、今期はオンラインで授業という大学も多く、大学生の在宅での勉強はしばらく続きそう …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、就職活動。

2010年8月30日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部4年の笹原です。アメリカの大学を卒業した友人は、卒業後に就職後を始めたと聞いてうらやましく思いました。読売新聞には、文部科学省が発表したデータが …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、自宅学習での集中力。

2020年7月17日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部1年の千田です。 新型コロナウイルスの影響による自粛期間中、私は学校の課題がつい放置気味になりました。どうしても他のことに目がいっ …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、離職率。

2008年6月3日
女子大生マーケティング部
女子大生マーケティング部の増井です。 平成18年版「国民生活白書」によると、大卒生が新卒後3年以内に会社を辞めた割合は34.7%、つまり3割以上にもなるそうです。それが問題視され、 …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、飲食業界。(2)

2008年7月18日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部の中山です。 飲食店のメニューの値上げが気になるこの頃ですが、それでもやっぱり無くてはならない存在の外食業界。 原材料の値上げや消費者の節約志向 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です