女子大生マーケティング部へようこそ!
いろいろレポートと、女子大生。

女子大生と、おうち時間。(17)教養学部Tさん

みなさんこんにちは。女子マーケティング部の山崎です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、おうちで過ごす時間が増えました。そんな、おうち時間を現役女子大生はどのように過ごしているのか聞いてみました。
今回は教養学部のTさんにお話しを聞きました。

▼基本的なおうち時間

Tさんの学校は前期のすべての授業がオンラインで行われることが発表。はじめは、授業オンラインなったことが残念だったが、実際に始まると、リアルタイムで受ける必要のない非同期型の授業や、部活もなくなったことで、自由に使える時間も増えた。空いた時間は、友達とビデオ通話やお菓子作り、動画を観賞。作ったお菓子は友達同士で発送しあっていたり、Huluで配信されている映画を画面共有することで、みんなで一緒に映画を見ている。映画が終わった後に友達同士で感想を言い合え、一緒に観たという同じ時間を共有できたのがよかったそう。直接会うことができなくても、LINEやZoomを使うことで画面越しで友達と話すことができるからおうち時間を過ごすことができる。

▼おうち時間のプラス効果

オンライン授業になったことで、友達が授業中どんな反応をしているのか分かって楽しい。普段の教室では、まじまじと友達の顔をみることができないが、オンラインで生徒全員の反応をみることができるため、友達が何に興味があるとわかった。友達のことをほんの少し深く知ることができるようになった。

▼おうち時間の課題

所属しているラクロス部では、部活で学んだことを忘れないために、外で自主練をすることもあるそう。その、自主練している姿を動画に撮って送らなければいけないのが少し恥ずかしい。
オンラインになったことで、楽になった面もあるが、普段の学校生活に比べてパソコンやスマホの画面も見る時間が増えたため、一日の終わりに疲れたと感じことが増えたことが懸念。また、画面が見たくなくてもやることがないため、すぐにスマホを見てしまい、気持ち的にスマホに囚われている気がしている。電話をすることで友達と繋がれるが、電話では無言でいることができないため、話を続けなければいけないということにも疲れている。電話はしたいが、最近はその頻度を抑えている。

▼おうち時間の工夫

おうち時間を不満なく過ごすために、お菓子作りやドラマ鑑賞、ランニングなど気分転換ができるようにすることを心がけている。サラダ作りを始め、野菜を食べる量が増えたため、家でもレタス栽培を始めてみた。

今回は、女子大生のおうち時間の過ごし方を取材しました。Tさんありがとうございました。

ABOUT ME
「女子大生マーケティング部」編集部
「女子大生マーケティング部」編集部です! 経営者やマーケティング担当者の皆さんに、有用で有益な情報をお届けしてまいります。どうぞよろしくお願いします。
RELATED POST
いろいろレポートと、女子大生。

女子大生の、合宿レポート。(2)

2008年8月14日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部の室橋です。 先日、執筆合宿先としてご紹介した温泉旅館「湯主一條」。 一回分の記事ではその魅力は伝えきれない!ということで後編を私、室橋がレポ …
いろいろレポートと、女子大生。

女子大生の、カフェレポート。(37)

2008年9月21日
女子大生マーケティング部
★カフェコムサ池袋東武店 こんにちは、女子大生マーケティング部の久保山です♪ 毎回訪れたカフェをさらっとご紹介する「カフェレポート」。今回訪れた先は、打ち合わせで利用したカフェコム …
いろいろレポートと、女子大生。

女子大生の、カフェレポート。(25)

2008年8月28日
女子大生マーケティング部
★東京ディズニーランドホテル『シャーウッドガーデン・レストラン』(舞浜) こんにちは!おいしいものと新しいものが大好きな、女子大生マーケティング部の寺田です♪ さりげなく訪れたカフ …
いろいろレポートと、女子大生。

女子大生の、お財布レポート。(1)

2008年5月26日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部の木村です。 女子大生の生活にとって、お財布はとっても重要なアイテムのひとつ。お金を出し入れするだけではなく、お財布には生活の知恵がたくさん詰ま …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です