女子大生マーケティング部へようこそ!
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、通学バッグの機能。

こんにちは、女子大生マーケティング部3年の松本です。

大学への通学、教室の移動、部活動やサークル活動、アルバイトやインターンなど、女子大生にとっては荷物を持ち歩く時間が多く、通学バッグの相性はとっても大事です。

株式会社FUMIKODAが、2019年9月〜10月に20~60歳の女性1,350名を対象に行なった「働く女性のお仕事バッグ」に関するアンケート調査を発表しています。

▼お仕事バッグに入っている中身は何ですか?
・スマホ、携帯 88%
・ハンカチ、ティッシュ 82%
・鍵 77%
・長財布 73%
・筆記用具 67%
・化粧ポーチ 67%
・手帳 54%
・資料 39%
・名刺入れ 38%

キャリア女性の仕事用バッグの中には、仕事で必要なアイテム以外のものもたくさん入っているようです。

同社によると、これらのものを入れるとバッグの重量も4〜5kgになるそうで、毎日重いものを持ち運んでいることになり、軽さや持ちやすさが重要であることが改めて分かります。

女子大生たちが理想の通学バッグを考えるとしたら、どのような機能や改善点を求めているのでしょうか。女子大生たちに聞いてみました。

▼「こんなバッグがあったらいいな」と思うことは?

・たくさん入るリュックサックを使っているが、横のポケットに、入れた物を取れにくいクリップなどで繋ぐ長い紐があったら、盗まれる心配があまりないし、リュックサックを背負ったまま片手で取り出せるので良さそう。

・原付移動でリュックサックを使っているが、片方のサイドにドリンクホルダー、もう片方のサイドに定期など頻繁に使うものを取り出せるポケットがあると便利そう。

・重くないトートバッグを使っているが、どちらかの肩に負担がかかり肩が痛くなる時があるので、もっと肩に負担がかからないような工夫がされているといい。

・機能性よりもデザインで選んでブランドバッグを使っているが。ポケットが多かったり見た目以上に物が入ったりと、デザインも機能性もよい物がほしい。

バッグを肩にかけたままでもいいようにサイドのポケットを有効活用したい、という声が多いようです。すぐに取り出しやすく、それでいて盗まれにくいような機能が求められています。

家や部室などの鍵、交通期間に乗る際のICカード、熱中症対策のドリンク、お手洗いの時のハンカチなど、「さっと取り出さなければならないもの」はいろんなシーンでまだまだ数多くありそうです。それを理解して開発されているバッグは、地道に人気が集まるのではないでしょうか。

ABOUT ME
「女子大生マーケティング部」編集部
「女子大生マーケティング部」編集部です! 経営者やマーケティング担当者の皆さんに、有用で有益な情報をお届けしてまいります。どうぞよろしくお願いします。
RELATED POST
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、勉強のモチベーション。

2020年3月1日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部の西村です。 多くの人が迎える新入社員という時期。新入社員として新しい環境で働くということに期待と不安を抱えているひとが多いのではないでし …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、ホテル業界。

2011年7月31日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部3年の町田です。シティホテルを日常的に利用しているという女子大生は少ないと思いますが、サービス精神を学ぶなら、ホテルには注目しておきたいところ。 …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、百貨店業界。

2011年7月25日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部3年の鈴木です。最近夏のセール時期で、いつもは手が出せないブランド品の財布を、新宿伊勢丹で祖母におねだりして買ってもらいました。さて、『日経MJ …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、育休。

2019年7月10日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子マーケティング部3年の村田です。 暑い夏が来ると、子どもの夏休みの頃を思い出しませんか? 幼少期にお父さんやお母さんと仕事場に行って時間を過ごしたり、保育園に …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、就職意識。(2)

2008年9月3日
女子大生マーケティング部
大学生の夏休みはまだまだこれから!女子大生マーケティング部の小池です。 夏休みに入ってからというもの、池袋や渋谷の繁華街には若い子が溢れています。対して丸の内などオフィス街では、慣 …
就職活動・学業と、女子大生。

女子大生と、飲食業界。(2)

2008年7月18日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部の中山です。 飲食店のメニューの値上げが気になるこの頃ですが、それでもやっぱり無くてはならない存在の外食業界。 原材料の値上げや消費者の節約志向 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です