女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、男女兼用トイレ。

女子大生マーケティング部の関川です。

最近は飲食店で男女兼用のトイレを見かけることが増え、アメリカでは男女共用のトイレを増やす取り組みが進んでいるそうです。日本でも、時代の変化と共にこれからも増えていくのでしょうか?

トイレ関連6社による「学校のトイレ研究会」が、2018年の11~12月に全国公立小中学校の教職員222名に対して行なったアンケート調査の結果を発表しています。

▼性別に関係なく使えるトイレが学校にある方がいいと思いますか?
・あるほうがいい 61%
・どちらかといえばある方がいい 24%
・どちらとも言えない 12%
・どちらかと言えばない方がいい 2%
・ない方がいい 1%

性別の区別をしないトイレがあるほうがいいと答えた人は、8割以上のようです。性別を分けなければならないという意見はかなり少数派であることが分かります。

女子トイレは男子トイレに比べて行列ができやすく、トイレの設計は女性にとっても大事な問題。そこで、周囲の女子大生たちに、男女共用トイレについての意識を聞いてみました。

●女子大生たちの声

▼男女共用のトイレに抵抗はありますか?

・ある。カメラとか仕掛けられる環境にあるのが怖い。

・ある。汚い使い方をするおじさんとかがいそう。イメージだが、それでなんとなく嫌。

・ある。使い終わったナプキンとか捨てづらそう。洋式だったら便座を拭くものがあると嬉しいかもしれない。

・ある。知らない男の人のあとに入りたくない。いろいろ飛び散っていそうだし、便座も触りたくないのに上げっぱなしが多いから。

・ややある。
男女共用しか空いてなかったら使う。そこを気にしてる間に尿意がくるから。

・あまりない。最近のトイレはきちんと清掃されていることが多く、使えないほど汚いと思ったことはないから。

先述のデータとは違い、男女共用のトイレには抵抗があると答えた女子大生が多いようです。女子大生はトイレの「清潔さ」を特に気にしていると感じます。

女子トイレには男子トイレにはないいろんな要素があります。
時代の流れでこれから男女共用トイレが増えていくとしても、従来の女子トイレと同じ設備が完備されていること、ナプキンを捨てる場所への工夫などが必要になってくると言えるでしょう。

RELATED POST
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、おひとりさま。(2)

2010年10月8日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部4年の八木原です。大学の学園祭で出展する写真を撮りに行ったり、読書をしたりとこの秋はひとりでやりたいことがたくさんあってわくわくしています。宣伝 …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、コーヒー。

2010年7月28日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部1年の小山です。最近、素敵なカフェを見つけて以来、おいしいコーヒーを家でも淹れようと頑張っています。今回、こんなデータを見つけたのでご紹介します …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、歯磨き粉。

2011年11月20日
女子大生マーケティング部
こんにちは!女子大生マーケティング部の秋田です。最近友人が親知らずを抜いた話を聞いていつか私も抜かなければ…と覚悟しつつ、大学に入って1度も歯医者に行っていないことに気付きました。 …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、番組録画。

2012年1月20日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部の阿萬です。年末年始は特番が多くついテレビの前に居座ってしまいまして、 なんとなくテレビを見て時間をつぶすことのないように気を付けたいです。さて …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です