女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、カメラ。

こんにちは、女子大生マーケティング部の阿萬です。最近各地でクリスマスのイルミネーションが飾られてきていますね。毎年この時期にしか見られないイルミネーション、つい写真に収めて色々な人に見せてしまいます。
さて、『日経MJ』の2011年4月22日号ではミラーレス一眼カメラの売れ筋商品が発表されています。

▼ミラーレス一眼カメラの売れ筋ランキング
 1位:ソニー NEX-5
 
 2位:パナソニック LUMIX GF2 
 3位:オリンパス OLYMPUS PENLite E-PL1 
 4位:オリンパス OLYMPUS PENLite E-PL2 
 5位:ソニー NEX-3
もはやカメラは、女子大生にも必須アイテム。
最近では従来の一眼レフからミラーレスへとカメラの人気が変化していて、女性も手軽に写真を扱うようになりました。
カメラ以外でも携帯電話やスマートフォンで写真を撮ったり、アプリを使って写真を加工することのできる今、
女子大生は撮った写真をどのように保存したり共有したりするのでしょう。
周囲の女子大生に、撮った後の使い道を聞いてみました。
・写真屋さんでフォトブックを作る! 
・携帯で撮って、SDカードに入りきらなくなったら定期的にパソコンの外付けHDに保存する。
・見せたい人がmixiに多ければmixiにアップする。Facebookはあまり会っていない人が多いので、誰と限定せずに見せたい写真はFacebookにアップする。
・mixiなどにアップする場合は、できるだけイベントごとで分けたりしてアルバムを作る。
・撮ってそのままのこともあるけれど、できるだけmixiやFacebookに上げるようにはしている。
ネット世代の女子大生は、mixiやFacebookなどのSNSに撮った写真をアップして周りの友達に見てもらったり、共有することが多い様子。 
私自身もSNSで写真を共有することが多く、撮ってすぐにアップできるという点からスマートフォンで写真を撮ることが多いです。
特にFacebookにはタグ付けの機能があり、写真に写っている人の名前を指定すればその人のFacebookページでも同じ写真が見られるというのが魅力です。
ただ、最近はアルバム用にかわいいデザインのマスキングテープが売られたりと、印刷されたアルバムにも魅力を感じる女性が多いですから、
アルバムのページのような画面に写真を好きなように貼って文字を書いたり、シールを貼ったりして手書き風アルバムを簡単に作れるアプリやツールがあると重宝しそうです。多部数印刷して大人数の友達にプレゼントしたり、サークルの引退で先輩にプレゼントとして渡したりしたいです。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です