女子大生と、韓流。 (2)

こんにちは。女子マーケティング部3年の伊藤です。今年になって新大久保に足を運ぶことが多くなりました。というのも、韓国の焼肉と言われる“サムギョプサル”のおいしさにどっぷりとハマってしまったのです。友人と新大久保に多数ある韓国料理屋さんを巡り、内輪で勝手に“おいしいサムギョプサル探し”のツアーを開催しています。店それぞれに個性があるので、毎回とても楽しみなんですよね。
さて、今回は、東洋経済、10/7/31号に掲載されていたこちらのデータを発表します。(韓国・文化体育観光部 2009文化産業統計)

▼韓流文化輸出の内訳
1位:ゲーム(58.0%)
2位:出版(13.8%)
3位:キャラクター(12.1%)
4位:放送(テレビドラマ)(8.5%)
5位:アニメ(4.3%)
6位:映画(1.1%)
7位:音楽(0.9%)
8位:その他(1.3%)

意外にも輸出全体の約6割がゲーム関連。日本で人気のテレビドラマや映画は全体の10%未満です。韓流文化の主役は意外にもゲームだったんですね!驚きです。今や日本にとって韓国はかなり身近な存在ですよね。私の周りでは友人の多くが韓国旅行を経験しています。安く、簡単に「プチ旅行」といった感覚のようです。韓流文化は本当に注目の的ですね。「女子大生と、韓流。」では、韓流ドラマは好きか嫌いかという意見を、「女子大生と、K-POP。」では、気になるK-POPアーティストについての意見をまとめています。
さて、大人気の韓流文化。女子大生達は現在どんな韓流に興味を持っているのでしょうか。ハマっているものなどはあるのでしょうか、聞いてみました!

サムギョプサル、新大久保「とんちゃん」にて。
【興味のあるもの・ハマっているもの】
<俳優・歌手・タレント>
チャン・グンソク!お昼に放送していたドラマ「美男<イケメン>ですね」を見て、そのかっこよさにハマってしまった。
・チャングンソクにハマり中。「美男ですね」で知り、パソコンで彼の画像を大量に保存した。
・やっぱりK-POP、特に「少女時代」に興味がある。
・「KARA」が好き。
・友達は「東方神起」が好きで、そこから韓国の料理や他のK-POPグループにもハマっていったようだった。
・「東方神起」、「KARA」、「少女時代」にハマっている。最近、中高の母校の文化祭に行ったら、高校生が少女時代のダンス踊っていた!

<食べ物>
・友人といった韓国料理屋さんがきっかけでトッポギにハマっている。
・トッポギ。家でトッポギなどの韓国料理を作って食べることがある。
・ハマっているものはサムギョプサルで、1か月に3、4回は新大久保に食べに行く。
・興味があるのは韓国料理。辛いものが好きなので、時々無性に食べたくなる!そんな時は韓国料理屋さんに入ったり、スーパーでキムチを買ったりする。以前韓国好きの友達とパッピンスを作って食べたこともある。

<ドラマ>
・深夜にやっているドラマ「彼女がラブハンター」にハマっていて毎週見ている。
・以前はドラマの「美男ですね」にハマっていた。友達や周りは「花より男子」や午後に放送している韓国ドラマにハマっている。
・「美男ですね」が好きすぎて、TSUTAYAでDVDを借りて繰り返し観た。
・お昼頃に放送していたドラマ「華麗なる遺産」はおもしろくて、毎日見ていた。主人公の女の子がかわいい。

韓流文化に興味を持っている、ハマっているものがあると答えてくれた女子大生がほとんど。ドラマや歌手など好きになったものから韓流文化全体に興味を持ち始めた人が多いようです。特にお昼や深夜に放送されている韓流ドラマは人気で、一話目から見続けているという人も少なくありませんでした。
女子大生がハマッたことのあるドラマに共通していたのはそのジャンル。挙げられたドラマは全て「ラブコメディ」でした。「純愛系」や「シリアス系」のドラマも放送される中、女子大生たちは「ラブコメディ系」を好んで観ているようです。もちろん韓国ドラマ自体に「ラブコメディ」ものが多いというのも事実ですが、日本でも恋愛+笑いのジャンルのドラマは確かに人気のように思います。最近のドラマでいえば、「ホタルノヒカリ」や「のだめカンタービレ」などでしょうか。「ラブコメディ」ものはマンガ原作のものが多いですが、どれも高視聴率な印象があります。
韓国ドラマが人気の今、韓国ドラマを日本版にリメイクしたドラマが増えてくるのではないでしょうか。楽しみです。