女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、PB食品。

こんにちは。女子大生マーケティング部4年の大見です。最近お昼にカップスープがかかせません。私はいつも大学の生協で買いますが、その際に目に留まるのはPB(プライベートブランド)のカップスープです。食品メーカーが作っているものとどういう違いがあるのか分かりませんが、何となく買うのをためらってしまいます。10月16日の朝日新聞be on Saturdayには、無料会員クラブの中のbeモニターへのアンケートで、PB食品について4771人が答えた回答を元にしたデータが載っていました。

▼PB食品、買っていますか?
・はい:77%
・いいえ:23%

約8割の人が買ったことがあるようです。店頭でも以前よりもPB食品を目にすることも増えた気がします。私の周りの女子大生にも聞いてみると、PB食品を買ったことがある人がほとんどでした。そこで、買ったことのあるPB食品について聞いてみました。

やはり食品メーカーの物を買いがち。

・コンビニ食品、特にファミリーマートのスイーツはよく食べる。おいしいし、大きさが大きいものもある。
・セブンイレブンのオレンジゼリー。
・コンビニスイーツや飲み物。お茶はPB食品のものを買うこともある。
成城石井のケーキ。親が買ってきた。
サミットのPB食品。牛乳や卵など、ブランドをこだわらないものはPB食品で買う。やはり安いため。

コンビニのスイーツを買うことが多いようです。ある女子大生は、「以前友達とコンビニスイーツで何がおいしいかという話で盛り上がった」という話もしてくれました。次に、PB商品を選ぶ基準についても聞いてみました。
・値段と他のメーカーにひけをとらないか品質かどうか。
・選ぶ基準は安さ。商品によっては製造元は有名なメーカーと同じところであることもあるため。
・味。コンビニスイーツはどこも凝っているため。新しいのが出ると試してみようと思う。

値段と味が基準になっているようですね。さらに、食品を買う時、メーカーを意識しているかについても聞いてみました。
・意識する。有名メーカーの定番商品のほうが、結果的にやはりおいしかったりするため。
・意識する。有名メーカーの商品ならはずれがないイメージがあるし、信頼ができるから。
・ものによっては意識する。コーヒーや野菜ジュースなど、味にこだわりたいものは高くても買おうと思う。
・メーカーはあまり意識せず、味を意識する。例えば、おむすび屋さんのおむすびは高いけど、おいしいと思ったら買う。ファミリーマートのジュースも高いけれど、一時期凝っていたので買っていた。いろいろ試してみて、自分が好きな味のものを選んでいる。

ここでもやはり味が決め手となっているようです。PB食品でもおいしい物は進んで購入したいと思うようです。中でもコンビニスイーツは、手軽に買えるので、つい買ってしまう様子。「季節ごとに変わるから、1つおいしいと次もおいしいのではと期待して買ってしまう」と話していた女子大生もいました。PB食品でも種類が豊富でおいしければ、気になってしまうのかもしれません。また、食品メーカーの物との違いを書いたポップなどがあれば、思わず読んで、その商品を試してみたくなってしまうかもしれませんね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です