女子大生と、男性のこだわり。

こんにちは。女子大生マーケティング部3年の呉です。日に日に暑くなりオシャレにもより一層気合が入る季節になってきました。わたしも負けじと女性ファッション誌で研究しているわけですが、今回はこんなランキングを紹介します。(R25 2010.6.17号より)

▼R25世代に聞く「あなたが今現在、こだわっているモノは?」
1位:衣服 (73票)
2位:靴 (61票)
3位:腕時計 (53票)
4位:カバン (42票)
5位:ベルト・財布 (41票)
6位:帽子・メガネ (36票)
7位:インテリア (31票)
8位:万年筆・手帳 (26票)
9位:香水 (20票)
9位:アクセサリー (20票)
10位:リビング用品 (16票)


私のバッグに必ず入ってるこだわりのものたち。後ろ左から自由帳、パソコン、鏡、グロス、ポーチ、定期入れ、名刺入れ
これは「男性」に聞く「男性」としてこだわっているもののランキングです。男性も普段から身につけるモノへのこだわりが強い傾向にあるようです。よく「女同士の言うカワイイは信じられない」と男性は言いますが、男性視線の「こだわっているもの」と女性視線の「男性にこだわってほしいもの」も違うのではないかとふと思いました。そこで周りの女子大生に「男性にこだわってほしいモノ」を聞いてみました。
・財布やアクセサリーなどの小物がブランド品だと素敵。
・目立つものより、ふとした瞬間に気づくもののセンスが光る人がいい。
・時計はハイブランドのものだとかっこいい。
・靴にこだわって!!

靴にこだわってほしいという人の意見としては「服がその日変でも『あー、今日は調子が悪かったんだな。』と思えるけど、靴はそれ単品でセンスが見えるから、そこはこだわってほしい」というものでした。私は男性のスーツ姿が好きなので、スーツに合わせた小物(手帳や万年筆、ハンカチ)がビシッとしていると素敵だなと思います。逆に男性のこだわりに対してネガティブな意見は以下の通りでした。
・服にでっかくブランドロゴがあるとちょっとなぁと思う。
・全身ブランド品で固めている人は引いてしまう。
・どんなに素敵でもTPOに合っていないと…
・ブランドイメージとその人のイメージが合わないと違和感を感じる。
・いくらブランドやクオリティにこだわっても、香水のつけすぎや服のシルエットが合っていないとおかしいと思ってしまう。
・表面ばかり着飾っても中身が伴っていないと…

全体的にこだわってほしいものよりも「こうゆうのはいや」という意見の方が多かったです。女子大生視線の「男性にこだわってほしい」ものとしてはやはり、ブランドを全面に押し出したファッションよりも、その人に合ったファッション、かつ小物など細部までへの配慮を望んでいるようでした。
しかし、何よりも「清潔感」が一番大切だ、という意見が圧倒的でした。いくら服が素敵でも、いくら靴がかっこよくても、いくら時計がハイブランドでも、清潔感には勝てないようです。「清潔感があれば他はなんでもいい」という人もいました。そして食べ方や、マナーにも気をつけてほしいという意見もありました。これは女子大生だけでなくすべての女性が考えていることなのではないでしょうか?
女性視線の「男性にこだわってほしいもの」がわかっていると、シーンやお客様に合わせて少しずつ雰囲気を変えることも可能になりそうですね。仕事内容だけでなく、こんなちょっとしたことで女性から好印象を持たれるきっかけに繋がるかもしれませんよ。