女子大生マーケティング部へようこそ!
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、洋服代。(2)

こんにちは、女子大生マーケティング部3年の行時です。まだまだ暑い日が続いていますが、店頭には、早くも秋物の洋服が増えてきました。雑誌「steady.」8月号で、読者のOL1000人を対象に洋服についてのアンケートを取ったところ、以下の結果が分かったそうです。

▼オフ服はどのくらいの金額で購入しますか?
・3,000円以内(55%)
・5,000円以内(42%)
・10,000円以内(3%)


洋服や靴は、タイに旅行に行くたびに購入。このスカートは、約600円!
「オフ服」というのは、OLの方がオフの日、つまり仕事(オン)ではない時に着る、カジュアルな洋服の事を言うそうです。女子大生にとっては、「普段着」ということになるでしょうか。OLの方と比べると、金銭的に余裕がないのではないかと思われる女子大生ですが、実際にいくらぐらいの金額なら、躊躇せずに欲しい服が買えるのでしょうか。聞いてみると、次のような答えが返ってきました。
・2000円くらいの安いインナーや、部屋着に使えそうなものはすぐ買う。メインとなる服は安くても被れそうなものとかは嫌なので、値段よりデザインで選ぶ!欲しかった高い服の値段が下がっていたら、多少高くても即買いする!(2年)
・3000円だと、ちょっと失敗してもいいかな、と軽い気持ちで買える。インナーにするキャミソールやタンクトップは、あまり外から見えないこともあり、がくっと値が下がって1000~2000円くらい。(3年)
・2900円なら即買う!3900円ならちょっと悩む。4900円なら考える。冬物は高くなるので仕方ないのけれど、夏服にはそんなにお金をかけない。(2年)
・4000~5000円あたり。その時々の貯金額によって変動する。(4年)
・夏だと4000円くらいだが、冬だと8000円とかになる。今シーズンしか着れないと思うと、どんどん出せる値段が下がる。(1年)
・5000円までなら欲しい!と思ったらすぐ買ってしまう。でも、一目惚れしたり、着回しがかなりきくと感じたり、また今シーズン10回は着るはず!と思ったら1万位は出してしまう。(2年)

学年に関係なく、およそ2000円~5000円までは出せる、と考えている人が多いようで、社会人の方とあまり変わりありませんでした。「女子大生と、洋服代。」では比較的高価な洋服について紹介しましたが、シーズンものや、部屋着は出来るだけ安くおさえたい!というのが本音のようです。しかし中には「2000円の安い服を買ったが、1回洗濯しただけで、もう着られないくらいダメになったことがあるので、もう安い服は買いたくない(3年)」という人もいました。そこで、安い服を買うことのメリット・デメリットはどんなことだと思うか、女子大生の考えを聞いてみました。
○メリット
・他にもたくさん洋服が買えるし、躊躇しないですぐ買えること!
・量をたくさん買え、さらに部屋着としても気軽に着れる
・色違いで買ってもいいかなと思える
・気を遣わずにたくさん着られる
・駄目になっても仕方ないと思える
・アウトドアなどで汚れる心配をしなくていい
○デメリット
・高いものの方が、デザインが可愛い
・デザインが安っぽく見えることがある
・安っぽく見えることが多い
・生地が薄かったり、縫い目が粗かったりの質が気になってしまうこと。1回洗って伸びきってしまって着れなくなったことも…
・洗うとすぐ色落ちしたりする
・人とかぶりやすい気がする
・必要性を考えずに買ってしまうことがある

女子大生は、実は結構洋服の質にも気を遣っているようです。「すぐに色落ちしたり、縫い目が粗かったりするのが気になって、二度と着なくなってしまった」という人もいました。質が良くて、安い服が理想なのですが、なかなかそんな上手な買い物は出来ないものです。そこで、私の周りの女子大生は「欲しかった高い服の値段が下がっていたら、多少高くても即買い!」したり、「ルミネカードは10%オフの時があるので、買いたいお店がルミネに入っている時は、路面店ではなくルミネに行って買う」ようにしているそうです。
また、今回話を聞いた友人の女子大生の中には、「お正月でなくても、時々洋服の福袋をやっているお店があり、値段以上のものが入っていることが多いので、そこで買い物をすることも多い」という人もいました。普段着なれているお店やブランドの洋服だからこそ、安心してその福袋も買えるのかもしれません。少しシーズンがずれた商品でも、質がよいものを、少しでも安く買えるというのは、とても嬉しいことです。シーズンの終わってしまった洋服でも、普段よく買い物に行くお店やブランドが、こんな福袋をやっていたら、思わず買ってしまいそうです。インターネットで買えれば、わざわざお店に出向く必要もないので、もっと便利に感じるかもしれませんね。

ABOUT ME
「女子大生マーケティング部」編集部
「女子大生マーケティング部」編集部です! 経営者やマーケティング担当者の皆さんに、有用で有益な情報をお届けしてまいります。どうぞよろしくお願いします。
RELATED POST
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、自宅生活でのメイク。

2020年7月20日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部3年の元村です。 新型コロナウイルスの影響で、女子大生の多くがオンライン授業やオンライン面接を余儀なくされ、自宅での学生生活が大き …
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、気持ちのコントロール。

2008年10月5日
女子大生マーケティング部
ブーツを履くことで気分は一気に秋モード♪女子大生マーケティング部の久保山です。 「女心と秋の空」という言葉があるように、感情が変わりやすいと言われる女性。怒ったかと思えば泣いていた …
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、下着の選び方。

2019年9月26日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部2年の加古です。 薄着が多い夏は下着が見えてもいいように、下着の色やデザインも考えて毎日のコーディネートを考えています。 さて、株式 …
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、通販。

2010年8月27日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部3年の行時です。雑誌「steady.」の8月号で、読者1000人を対象に通信販売に関するアンケートを行っていました。その結果、読者がワンピースを …
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、スキンケアの不便。

2020年8月23日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部4年の松本です。 外でマスクを付ける機会が多くなってきて、厳しい暑さもあり、マスクによる肌のトラブルが気になります。 グラデ …
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、文房具。

2012年5月22日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部4年の紙上です!大学の授業も本格化し、バッグの中にペンケースやノートが常に入っている毎日です。さて、2012年3月1日発行のティーンのためのライ …
ファッション・美容と、女子大生。

女子大生と、ストッキング選び。

2020年3月19日
女子大生マーケティング部
こんにちは!女子大生マーケティング部の西村です。 最近は暖かい日が続き、冬だった季節が春になろうとしています。季節の変わり目は風邪をひきやすいので、皆さんお気をつけてお過ごし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です