女子大生マーケティング部へようこそ!
ファッションと、女子大生。

女子大生と、夏の保湿ケア。

こんにちは、女子大生マーケティング部3年の行時です。日焼けの気になる季節になり、最近スキンケアの重要性を身にしみて感じるようになりました。今回はスキンケアに関するこのような記事をご紹介します。(steady.5月号、読者1000人対象のアンケートより)

▼ボディケアにうるおいを求めていますか?
・YES(71.3%)
▼乾燥対策・うるおいのためにしていることは?
1位:ボディクリームを塗る(66%)
2位:うるおい効果のある入浴剤を使う(19%)
3位:オイルでマッサージする(10%)


最近使っているスキンケア用品。夏は「美白」という言葉に惹かれがち
周囲の女子大生に聞いてみると、やはり夏でも肌の乾燥を気にしている人が多いようでした。「季節に関係なく気になる」という人もいれば、「冬ほどは気にならないが、かかとなどの乾燥は気になる」、「乾燥肌なので体よりも顔が気になる!」というように特定のパーツを気にしている人もいました。さらに話を聞いていると、「冬は一生懸命乾燥対策するのに、夏は怠りがちかもしれない」という声が上がりました。そこで、乾燥対策をして、冬のケア方法と、夏のケア方法を変えているか聞いてみると、次のような結果になりました。
○フェイスケア
・あまり変えない。化粧水後の保湿を、クリームではなく乳液にするくらい。
・季節に関係なく乾燥が気になるが、ケア方法は全く変えていない。
・紫外線をたっぷり浴びてしまった日はパックをするようにしている。
・汗をよくかくので、冬の保湿ケアから、ニキビ対策に切り替えている。
・冬より紫外線が気になるので、美白の化粧水を使う。
○ボディケア
・腕などには、日焼けのダメージをクールダウン出来るようなローションを使う。
・冬はあまり人にかかとをみられる機会がないが、夏はサンダルを履く事が多く、かかとが乾燥して白くなっているとバレてしまう。夏の方が、ボディケアには注意している。
・膝や肘の乾燥・黒ずみが、冬より気になるが、特に対策は変えていない。

冬よりも肌の露出が増える夏は、乾燥やケアに注意するようになる人が、実は多いようです。皆さん、少しずつ自分なりにケア方法を変えながら、上手に夏用保湿ケアをしているようでした。しかし、特にフェイスケアにおいては、「夏に乾燥が気になって、咄嗟に冬に使っていたクリームを使ったら、予想以上にベタベタしてしまい、ニキビが出来てしまった…」という人もいました。やはり同じケア方法だと、問題があるのかもしれません。ベタつきすぎず、手やかかと、肘など、ポイントポイントに使える、ちょっとした保湿ケア用品があれば嬉しいです。夏に使うなら、保湿効果と日焼け止め効果が両方あると、とてもお得に感じます。さらに、それが持ち歩けるサイズなら、ちょっと気になったときに、外出先でもすぐに使えて便利かもしれませんね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です