女子大生の、ケータイレポート。(117)

こんにちは。女子大生マーケティング部3年の清水です。女子大生のケータイを毎回紹介する恒例の「ケータイレポート」。今回は、中学生の頃から演劇一筋、3年生のSさんのケータイをご紹介します。
この日は、私から誘って、劇団キャラメルボックスの「ミス・ダンデライオン」を見に行きました。Sさんは、たまたまこの劇団の台本で演劇をしたことがあったそう。セットや音響の使い方についても感激をしておりました。そんなSさんのケータイは…

洋服にレースやコサージュを付けてリメイクするのが好きなSさん

auのW62Tで、使ってもう2年以上だそうです。真っ赤な色と、カタチ、値段の安さが購入の決め手だったそう。大きさがちょうど手に馴染むところや色カタチが気に入っているんだとか。2年も使用しているのにも関わらず、電池の消耗が早くないところについても、喜んでおりました。逆に、web接続速度が遅いところや、写真撮影をしたい時に撮影ボタンを押してから起動するまでの時間が長いところが気に入っていないところなんだとか。

この日は、お餅入りのお好み焼きと明太子のもんじゃ焼きを食べました

ケータイから、就活サイトの閲覧やブログ更新、mixiの「ボイス」、地図検索、乗り換え案内をよく利用しているんだそう。私も彼女のマイミクなのですが、mixiは彼女の場合は日記だけでなく、その日その時感じたことを詩として表現しています。写メが好きなんだそうですが、街中でふと撮った写真を、mixiのアルバム機能でも更新してくれています。また、mixiアプリの「怪盗ロワイヤル」に最近ハマってるんだとか。
現在、バイトを2つ掛け持ちしながら、就職活動をしているSさん。演劇部はすでに引退してしまったそうなのですが、就活が終わり次第、友人達を集めて演劇を再開するんだとか。ストレスが溜まった時はヒトカラをしたり、音楽を大音量で聴いたりするなどしてリフレッシュするんだそう。早く、就活を一緒に終わらせましょうね。Sさん、ご協力ありがとうございました。