女子大生の、ケータイレポート。(5)

★社会学部3年生 Mさんのケータイ。
こんにちは、女子大生マーケティング部の中山です。
今どきの女子大生の携帯電話に迫る「ケータイレポート」。今回は都内大学社会学部の3年生、Mさんに話をうかがいました。
3年生になってから授業が週3日になり、空いた時間はバイトにサークルにと充実した毎日を過ごしているMさん。サークルをまとめる立場にいるので、ケータイにはサークルメンバーのアドレスがぎっしりと登録されているのだそう。

DoCoMoSH903iの白い携帯電話。
このケータイを選んだ理由は、カメラの画素数とデザインから。デジカメも持っているけれど、やっぱり携帯カメラのほうがよく使うので画素数は大事だそう。
ケータイは絶対に2年間は使うというMさん。長く使ってしまう理由は、画像や着うたなどの大切なデータを全部移し変えられないのがイヤだから。さらに、長く使えば割引も大きくなるので、お得なんだとか。
メールが好きで、多い日は50通~100通もメールをすることもあるようです。絵文字や顔文字、デコメ絵文字も使いこなしてとっても可愛いメールを打っています。Mさんがキーを打つのが早すぎて、変換がついてこないこともしばしばあるんだとか。
受信フォルダはサークル、家族、バイト、大学、高校、メルマガetcで全部で9個に分類。今のケータイでは差出人検索が出来ないので、ちょっと困っているそう。たくさんメールをするMさんらしい悩みですね。
どうもありがとうございました!鳥