女子大生マーケティング部へようこそ!
ケータイレポートと、女子大生。

女子大生の、ケータイレポート。(186)

★経済学部4年 Sさんのケータイ

女子はどのように情報端末を活用しているのかに迫る「女子大生の、ケータイレポート」。今回は都内の大学に通っている大学生のSさんにお話を聞きました。

今春から大手通信会社に入社することになったという女子大生のSさんは、スマホをどのように使いこなしているのでしょうか。

iPhone5Cを使っているSさんは、コンパクトデジカメのIXYを持っているものの、デジカメは旅行や合宿の時など大量に写真を撮る必要がある時のみで、日頃の写真はもっぱらスマホ。スマホで撮る時は標準内臓のカメラで、写真の加工をする時だけは編集が簡単なLINEカメラを使うのだとか。ただ色調を変える程度で、スタンプを押したり文字を入れたりはしないとのこと。

iPhoneケースの色は好きな色であるピンク。ケースの取り揃えが自分の知る限りでは最も多いというヨドバシカメラで、エッジの効いた触り心地のものを選んで購入。

iPhoneのトップ画面はSNS、音楽など5つほどのフォルダにアイコンをまとめてすっきり。なるべくアイコンをトップに並べない理由は、後ろの背景が見えた方がかわいいから。でも周囲にもこれほど少なくまとめている友達はおらず、いつも驚かれるのそうです。

メールは教授や就職活動時の会社との連絡に使う程度で、プライベートではほぼ使わない。基本的に友達とはtwitterLINE、メッセンジャーなどでやりとりをし、1時間半かかる通学中のスマホの利用時間はそれがほぼ8割を占めるとか。

LINEはトークごとにその友達と一緒に写った写真を背景にしているので、送り先の人を間違えることはありません。Instagramは周囲でやっている人だけがグループ内の内輪で盛り上がっているけれど、自分にはまだやるきっかけがないとのこと。

また、メモ専用のアプリは全く使っておらず、メモをする時は公開していないtwitterの個人的な裏アカウントに書き込んでお気に入りにしたり、メールの立ち上げ画面に書いて保存したりしている様子。

ゲームアプリはほとんどやらないけれど、よく使っているのが動物占いの動物キャラナビ。生年月日を入力する必要があるので、新たに仲良くなった子とのコミュニケーションのツールとして使えるとのこと。

最近の思い出は、突発的に友人と一緒に2泊3日で台湾に弾丸旅行をしてきたこと。台北で美味しいものを食べ、九份に美しい夕陽を見に行ったのだとか。

旅行は友達から誘われたら行くタイプで、自分から行こうとはあまり思わないというSさんですが、例えば梅雨の季節には突然紫陽花の花が見たくなって、ネットで「鎌倉/あじさい/名所」と検索して出てきた場所にふらりと学校をサボってまで行ってきたりと、たまに衝動的な遠出がしたくなるんだそうです。

※今回の「女子大生の、ケータイレポート。」の記事の内容は、風景を共有するiPhoneアプリ「Paddy」との連動企画です。旅行や散歩など、ステキな風景に出会うための「Paddy」もぜひご利用下さいませ。

RELATED POST
ケータイレポートと、女子大生。

女子大生の、ケータイレポート。(124)

2010年5月11日
女子大生マーケティング部
★経済学部4年 Mさんのケータイ こんにちは。女子大生マーケティング部4年の八木原です。女子大生の私生活を覗く、恒例の「ケータイレポート」。今日は、就職活動と公務員試験の勉強の両立 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です