女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、ハロウィン。(1)

こんにちは、女子大生マーケティング部二年の加古です。

10月の最大のイベントといえば、ハロウィンですね。10月のはじめに、チュッパチャプスのハロウィンイベントの広告が、Instagramに載っていました。Instagramを使っている人は、そうしたイベントに敏感だと思うのでとても効果的な広告だと思います。

「高校生ラボ★47」を運営する株式会社エイチジェイは、日本全国の現役高校生808名を対象にアンケートを実施し、現代高校生のハロウィン事情を発表しています。

▼ハロウィンに興味がありますか?
・はい 95%
・いいえ 5%
▼ハロウィンの予定はありますか?
・はい 45%
・いいえ 55%

ほとんどの高校生が、ハロウィンに興味があると答えた一方で、ハロウィンの予定がないと答えた人が過半数を上回る結果となっています。高校生はバイトで稼ぐことが出来るおカネも限られてくるので、派手なハロウィンのイベントに参加する人は少ないのかもしれません。

女子大生は、時間もお金も高校生に比べたら余裕があると思いますが、ハロウィンに対してどのように思っているのでしょうか?31名の女子大生に聞きました。

●女子大生の声
▼ハロウィンになぜ何かしたくなるのでしょうか?(昨年のハロウィンに何かしたと答えた女子大生24名)
1.コスプレが好きで、公式にできるから。イベントが好きだから。
2.義務です(バイトでの命令のため)
3.本来の意味とは違うけど、お祭り感覚で楽しいから。
4.ハロウィンというよりも、秋の味覚を楽しみたい。肌寒くなった季節に誰かと何かをするっていうのが好き。
わちゃわちゃ楽しく盛り上がるイメージがある。
5.最近だとインスタ映えとか、クリスマスみたく行事だからと思ってするのかも。幼なじみとかと会える機会も毎年だったら恒例になって会えるとかも関係するのかも。
6.季節ごとのイベントに、自分が楽しめる範囲で参加したいから。
7.ハロウィンはお菓子パーティや仮想をして盛り上がるなどといった世間的なイメージが広く浸透し、自然にそういうことをすることへの肯定的な考えが生まれるから。また、パーティーが好きな人、盛り上がりたい人がこの機会を利用してやっているのではないか。そしてそれらの影響を受けてやる人が多くなるのではないか。
8.忙しい中でちょっとしたイベントごとがあると楽しいから。
9.イベントとして名前が広まっていて小さい頃からお菓子がもらえると教えてもらっていたため、やりたくなるのかなと思う。
10.雰囲気につられて、楽しんどこうと思う。
11.せっかくのイベントには乗っかって、お菓子たくさん食べたりすることを許される.プラス楽しみたい!!
12.皆遊んでるから?笑
13.ハロウィンをきっかけに普段したいことをやるチャンスだから。
14.インスタ映え、好きな子にあわせて。
15.流行りに乗っかりたい、なんか楽しみたい。
16.よく行くバーでハロウィンイベントがあるから。街中でハロウィン仕様のものを見ると、自分もなにかしたくなるから。かぼちゃなどのスイーツが好きだから。
17.楽しく過ごしたいと思うからです。
18.ハロウィン限定だから。
19.みんなとワイワイしたいから。
20.思い出づくり!
21.イベントを楽しんで、日常生活を楽しみたい!
22.流行っているから。
23.楽しい&美味しい。
24.イベントがあればしたい、楽しいから。

ハロウィンを年間のイベントの一部として、楽しみたいとの声が多かったです。また、周囲の流行に乗りたいというのもSNSが生活の中心になった現代では、強い欲求になっているのかもしれません。
ちなみに、Instagramで「#ハロウィン」と検索すると462万件の投稿がありました。クリスマスの投稿643万件には及びませんが、勢いはまだ止まらなそうです。

去年バイト先でつくったハロウィンの看板。

一方で、ハロウィンに何もしなかった女子大生はどのように思っているのでしょうか。

▼ハロウィンに何もしないのはなぜですか?(昨年のハロウィンに何もしなかった女子大生7名 )
1.1年に1回だけなのに、ハロウィンを盛大にしたりお菓子作ったりコスプレするとお金がかかっちゃうからしないです。渋谷とかは派手にしてるけど去年までは地方にいて、周りもワイワイする場所とか環境がなかったから。
2.大学の文化祭が被ってしまい、出店の準備、運営をしなければならず、それどころじゃないから。また、合間にバイトを入れてしまったため。
3.仲間がおらんから、忙しいから。
4.興味がない。
5.面倒くさい、コスプレ恥ずかしい、人混み嫌い。
6.ハロウィンの日も大学があるので特に何かをする予定がないため。
7.今少し金欠だから。

様々な活動で忙しい女子大生にとって、ハロウィンにお金をかけるなら自分の趣味にお金と時間をかけたいという声もありました。

年々騒がれているハロウィンですが、女子大生の実態を調査してみると意外なことにハロウィンのインスタ映えを狙った企画している人はごく少数でした。
お菓子を買って雰囲気だけでも楽しむ女子大生や、そもそもハロウィンには全く興味の無い女子大生など、女子大生とハロウィンの関係は幅広いので、インスタ映えだけでなく、雰囲気を楽しみたいタイプの女子大生をターゲットにしたものも増えるといいなと思いました。

 

RELATED POST
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、おけいこ(2)。

2012年2月13日
女子大生マーケティング部
こんにちは!女子大生マーケティング部2年の大野です。小さい頃からバレエを習っている友達が、大学生になった今もまだずっと続けていると聞いてびっくりしました!私もピアノを辞めなければよ …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、女子旅行。(2)

2011年6月9日
女子大生マーケティング部
みなさん、こんにちは。女子大生マーケティング部3年の塚原です。女子同士の旅行は、気を遣わなくていいという意見が女子大生にも多いです(「女子大生と、女子旅行。」参照)。ANA(全日空 …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、スーパークールビズ。

2011年7月12日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部3年の中出です。私のよく利用する駅では「現在の消費電力」がパーセンテージで見れるのですが、それが低めだと頑張っている気がしてテンションがあがりま …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、お菓子。

2012年1月22日
女子大生マーケティング部
こんにちは、女子大生マーケティング部の中出です。冷蔵庫に常備しているほどチョコレートが好きなのですが、高級なものよりコンビニのチョコレートのほうが断然好きで外出したときもよく買って …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、合コン。(2)

2011年7月10日
女子大生マーケティング部
こんにちは!女子大生マーケティング部2年の大野です。夏に向けて彼氏づくりを頑張ろうと、合コンを企画する友達が増えてきた気がします。駅などで無料配布されているフリーペーパー「HOT  …
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、おしょうゆ。

2010年6月13日
女子大生マーケティング部
こんにちは。女子大生マーケティング部1年の小山です。先日、料理上手な友人の家に行った際、調味料がたくさんあることに感動し、わたしも頑張ろうと思いました。今回こんなデータを見つけたの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です