女子大生と、ボディソープ。

こんにちは、女子大生マーケティング部4年の紙上です。最近は段々と肌寒くなってきたので、ゆっくりとお風呂に入るのが毎日の楽しみです。さて、2012年8月24日付の『日経MJ』には、「ボディーソープ」に関するランキングが掲載されています。

▼液体ボディーソープの売れ筋ベスト10 (2012年7月9日~8月5日の販売金額を集計) 
 1位:シーブリーズ ボディーシャンプー クール&デオドラント600ミリリットル(資生堂)
 2位:ビオレU さっぱりさらさら肌 550ミリリットル(花王)
 3位:シーブリーズ スーパークール ボディーシャンプー600ミリリットル(資生堂)
 4位:ビオレU550ミリリットル(花王) 
 5位:ダヴ ボディウォッシュ ビューティーモイスチャー550ミリリットル(ユニリーバ・ジャパン)
本当は使ってみたい。
集計時期が夏だったこともあり、クール系やさっぱり系のボディーソープに人気が集まりました。また、1位から4位で特定のメーカーに人気が集中しているのも特徴的です。
女子大生は、ボディーソープを選ぶ際にどのような点を重視するのでしょうか。周囲の女子大生に聞いてみました。
・値段。消耗品なので、やっぱり外せないポイント。
・香り。フローラル系の香りは落ち着きが合っていい。
・香り。ピーチ系やシトラス系が好き。
・肌に優しいこと。初めから保湿力などを重視するわけではないが、使っていて乾燥するな、と感じたら変える。
・肌に優しいこと。ノンシリコンのものを使っている。
・夏はさっぱり感を重視するので、クール系。女性ものはあまり売っていないので、男性用を買う。
「香り」「肌に優しいこと」という意見が複数上がりました。「香り」はバニラやローズといった大人っぽい香りよりも、フローラル、シトラス、ピーチなどの爽やかで可愛らしい香りが女子大生には人気な模様。「肌に優しい」と話題に上がった「ノンシリコン」とはシリコン剤を使用していないボディーソープやシャンプーのことで、皮膜を作ることによって指通りや手触りをよくするシリコンを除くことによって、汚れを落ちやすくしたり、毛穴にシリコンが詰まることを防ぐ作用があると言われています。
私が興味を持ったのが、「クール系の女性用ボディーソープはあまり売っていないので、男性用を買う。」という意見。確かに男性用ボディーソープはメントールやハーブなどが多く、女性用よりもさっぱり感を意識している印象を受けます。このように、「世間では男性用と思われているけれど、本当は私たちだって使いたい!」と思われている商品や機能はまだまだある様子。しかし、男性用の商品を買うのは勇気がいるものです。「汗やニオイを抑える」「さっぱりとした使い心地」といった男性用商品の機能を取り入れつつも、ピンクや赤、パステルカラーなどを使った女の子らしいパッケージであったり、「シトラスミント」「クールフローラル」など爽快感だけではなく可愛らしさもある香りであ ったりと、女性も手に取りやすいボディーソープがあれば使ってみたいと思う女子大生も多いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>