女子大生と、旅行(1)。

こんにちは!女子大生マーケティング部3年の大野です。就活が始まる前に旅行に行きたいのですが、その前にお金を貯めないといけない状況に苦しんでいます・・・4月25日の日経MJは、マクロミルが20~60代の男女1000人に聞いた、LCC(格安航空会社)に関するアンケート結果を発表しています。 

▼国内観光目的でLCC(格安航空会社)を利用するか? 
積極的に利用したい 16.8% 
発着時間など条件が合えば利用したい 52.4% 
あまり利用したくない 16.2% 
わからない 14.6%
私は空の便が好きです! 
条件が合えば利用したいという声が半数以上でしたが、日経産業地域研究所の調査では、7割の消費者が国内観光を目的としたLCCに関心を持っていることがわかっているそうです。旅行でお金をかけたいポイントは人それぞれなので、削れるところは削っておきたいですよね。では周囲の女子大生は、旅行(今回は国内旅行に限る)で出費を抑えたいと思っているポイントはどこか、聞いてみました。 
・交通費。飛行機より新幹線の方が安い場合があるので、そのときはそちらを選ぶ。でも夜行バスは体力が持たないので、どんなに安くてもNG。 
・交通費。飛行機は2ヶ月前にネットで予約して、「早割」で取ることで安くすませている。 
・宿泊費。箱根とかならいい旅館に泊まりたいが、大阪とかなら安いビジネスホテルで十分。自分はどこででも寝られるので、同伴者にもよるかも。 
・全体的に削りたい。特に交通費と宿泊費。旅行から帰ってきたあとのお金のことを考えると、贅沢できない。 
・交通費。削りたいと思っていたけど、結局現地のバスとかで以外とかかってしまっているので、事前にバスのワンデーパスとかを調べておけば良かったと思った。
多くの女子大生が、交通費を削りたいとのこと。特に東京→九州だとたいてい飛行機なので、早めの予約で安い便を取るといった工夫をしている人がいました。現地でのバスや電車代も、予想を超える額になるとの声も。また、いくら時間がかかってもいいから安い夜行バスで!という女子大生はおらず、安くても体力や精神的にきついので夜行バスだけはNGという人もいました。旅行の行き帰りの場合、価格だけでなく、乗り物に乗っている間がいかに過ごしやすいかが鍵のようです。 
そしてデータで紹介したLCCに関しては、ほとんどの女子大生は知らない様子。普通の便がいつもより安くなっているのではなく、最初から安い便しかない航空会社の存在に驚いていました。他社と同様に安全で、他社よりも安い、というアピールだけでなく、バスや新幹線よりも安いし、その上短時間で目的地に到着できる、という点を具体的に比較して紹介してくれると、旅行を考えている女子大生の目に留まると思います。