女子大生と、新生活。

こんにちは!女子大生マーケティング部4年の紙上です。新年度の始まる節目の4月、新生活を始めた方も多いのではないでしょうか。さて、2012年3月1日発行のティーンのためのライフデザインマガジン『JOL』では、JOL Online会員を対象に行った「新生活」に関する調査結果を掲載しています。

▼新生活に備えて、新しく買い揃えたものは?
1位:文房具
 2位:お弁当関連
 3位:バッグ
 4位:くつ
 5位:くつ下
JOLのメイン読者層が高校生のためか「新生活=新学期」と考えている人が多い模様。学校で使うもの、特に文房具や靴、靴下などの消耗品を買い揃える人が多いようです。
女子大生にとっては「新生活=一人暮らし」という人も多くいます。実家から離れて新生活が始まるとしたら、女子大生は身の回りのものをどのように揃えるのでしょうか。周囲の一人暮らしをしている女子大生に「実家から必ず持っていくもの」について聞いてみました。
・布団と枕。これじゃないと眠れない!
・パソコン。使い慣れているし、大事なデータがたくさん入っているため。
・洋服。どれも気に入っているし、買い揃えるのは大変!
・コンポ。自分で選んで買ったお気に入りのものなので、長く使いたい。
・ぬいぐるみ。他のものではダメ!部屋にないと落ち着かない。
・本。自分で買いそろえたものだし、これからも読みたいから。
・CD。ただすべて携帯音楽プレーヤーに入っているので、本当に気に入っているものだけ持っていく。
・DVD。これからも好きな時に見たいから。
・靴。たくさん持っているので、一から買い揃えるには大変。
お気に入りのCDは外せない!
趣味のものやお気に入りのもの、特に使い慣れたものなど自分なりのこだわりを持って選んだものは持っていくという意見が多く上がりました。中でも洋服や靴を持って行く人が多く、日頃のコーディネートの多様性を維持するためなんだそう。こだわりに加え、もともと持っていた量を新たに買い揃えることの難しさも、実家から持っていく理由とのこと。
洋服や靴を実家から持っていくうえで気になるのが「収納スペース」。洋服を持って行っていざ収納!という時に、押し入れに入りきらず置き場に困るということも。新生活を始める部屋を探す前に、自分の持っている洋服を集めて写真に撮って送るとどれだけの収納スペースが必要か測ってもらえるサービスや、同様に靴の写真を送るとその靴が入りきるサイズの靴箱を教えてくれるサービスなどがあれば、利用したいと思う女子大生も多いのではないでしょうか。