女子大生と、ヘッドホン。

こんにちは、女子大生マーケティング部の紙上です。少し前までは高音質なヘッドホンというと高いイメージでしたが、最近では安くて高音質なヘッドホンも増えてきました。さて、『日経MJ』1月6日号には、全国量販店のPOSデータから抽出した、サラウンド対応ヘッドホンの売れ筋ランキングが発表されています。 

▼サラウンド対応ヘッドホンの売れ筋ベスト10 
 1位:MDR-DS7500 (ソニー)
 
 2位:MDR-DS7100 (ソニー)
 
 3位:HP-RX700 (JVCケンウッド) 
 4位:BASIC5.1AMATY (Professor Technology) 
 5位:ATH-CL550 (オーディオテクニカ) 
 6位:ATH-DWL5500 (オーディオテクニカ) 
 7位:SE-DRS3000C (パイオニア) 
 8位:MDR-DS4000 (ソニー) 
 9位:MDR-DS1000 (ソニー) 
 10位:HP-W120 (JVCケンウッド)
部屋でも移動中もヘッドホンが手放せません 。
音の迫力では、1位・2位を独占したソニーが群を抜いているようです。一般的に「ヘッドホン」(ヘッドフォン)と呼ばれるヘッドバンド型と、「イヤホン」(イヤフォン)と呼ばれるインナーイヤー型・カナル型が主流ですが、女子大生はどちらが好きなのでしょうか。周囲の女子大生に聞いてみました。 
・イヤホン派。ヘッドホンだといかにも音楽聴いてますって感じが嫌。
・イヤホン派。イヤホンの方が種類がいっぱいあって可愛い。
・イヤホン派。ヘッドホンだと耳が痛いしずれる。 
・イヤホン派。ヘッドホンだとゴツくて服に合わせにくい。 
・イヤホン派。ヘッドホンだと髪型が崩れる。 
・イヤホン派。バイクに乗るので、ヘッドホンだとヘルメットがかぶれないから。 
・イヤホン派。イヤホンだと話しかけられたときに片耳を外してすぐに対応できるが、ヘッドホンだと全部外さないといけないので。 
イヤホン派しかいないという結果に!ヘッドホン(ヘッドバンド型)派の私としては少しショックです。それでは、イヤホンを買う際に重視しているポイントは何でしょうか。 
・色。MP3プレーヤーやケータイの色に合わせる。 
・色。あまり目立たせたくないので、髪に隠れるよういつも黒を買う。 
・音質。少し高くてもいいので、音質がいい物を買う。 
・形。耳が痛くならないようカナルタイプのものがいい。 
・価格。あまり音質などにはこだわらないので、1000円くらいで買う。 
全体として、音質などにはあまりこだわらず、安くて可愛いものを選ぶ人が多いようです。価格は平均2000円程度とのこと。音質よりもビジュアル面を重視するため、髪型や服を選ぶヘッドホンは人気がないのかもしれません。
バンド部分が細く、カチューシャのようにデコレートされているヘッドフォンなどがあれば、ビジュアル重視の女子大生にも興味を持ってもらえそうです。