女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、バレンタイン

こんにちは、女子大生マーケティング部3年の小堀です。そろそろデパートのバレンタイン広告が出始めましたね。さて、江崎グリコは昨年のバレンタインについての調査結果を発表しています。

 ▼昨年(2011年)のバレンタインにチョコをあげる予定の人数 
 全体————13.0人 
 中学生———17.2人 
 高校生———16.4人 
 大学生———10.5人 
 OL—————7.7人 
 彼氏アリ——10.2人 
 彼氏ナシ——14.7人 
中高生は女友達への友チョコがあるため、あげる人数が多いようです。チョコをあげる相手は「女友達」がトップで、彼氏がいる人もその約半数(48.1%)が友チョコを実践すると答えていたそう。 



去年はこれを食べました

女子大生はバレンタインに誰にどんなチョコを贈るのでしょうか。私の周囲の女子大生に聞いてみました。 
・ 彼氏にチョコケーキ。作るのが簡単だし豪華に見えるから。彼氏が凝ったお菓子を好きじゃないのでシンプルなチョコケーキにしようと思った。 
・ 彼氏にガトーショコラ。ハート型に焼いて、上に少しデコレーションをすると可愛い。 
・ 彼氏に市販の高級チョコ。つくるのもお金が結構かかるので、それなら絶対おいしいブランドのチョコを買う。
・元カレにザッハトルテ。これをあげて想いを断ち切る!プチキットのようなものをつかうかも。 
・ 男友達にブラウニー。渡したい相手がブラウニー好きと前に言っていたから。 
私の周りは最近彼氏がいる人ばかりなので、チョコをあげる相手は彼氏、との答えがほとんどでした。そして、女友達同士の友チョコはあげないそう。インタビューに答えてくれた女子大生の中には、「私はアメリカ式でもらう派」という強者も。今年はチョコではなく彼氏とペアリングを買いに行きたいとの声もあり、バレンタインデーの過ごし方は人それぞれのようです。
ちなみに私は以前、バレンタインデーにとある男性にチョコをあげたところ、その場でその人にチョコをもらいました。くれた理由は、ホワイトデーよりバレンタインデーのお菓子の方が種類が豊富で美味しいから、とのこと。まさか自分がチョコをもらうなんて思ってもみなかったのでびっくりしました。お返しするときは何かサプライズを用意すると女の子は嬉しいと思います。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です