女子大生の、手帳レポート。(279)

★人間環境学科2年 Mさんの手帳レポート 

こんにちは!女子大生マーケティング部2年の大野です。女子大生一人一人の手帳へのこだわりが見える手帳レポート。今回は飲食のアルバイトを2つ掛け持ちし、しかもサークルも熱心に取り組んでいるMさんにお話を伺いました。 
大好きだという「スージー・ズー」のかわいい手帳を自慢げに見せるMさん。今年の3月ごろに購入したとのこと。4月始まりのものが良かったけれどなかったため、マンスリーだけの分厚くない、かつ大きさもちょうどいいこの手帳に決めたそうです。また、マンスリーは必ず月曜日始まりでないとだめというこだわりも。 
毎日見るものだから、見た目はかわいくて楽しいものがいい!というこだわりも。
見開きのマンスリーページの次が2ページのメモスペースになっているこの手帳。マンスリーのコマには、課題などの大切な件や友達との約束などをオレンジで、アルバイトなど日常的な予定はシャーペンで色分けしていました。またメモスペースには、課題や大切なメモなどを書き込んで、毎朝確認しているそうです。
表紙の裏にはプリントがはさめるようになっており、Mさんは病院の受診時間の表や、フランス旅行に行ったときに買ったチョコの包み紙を挟んでいました。また裏表紙の裏には、おばあちゃんの家から実家までの電車での行き方がメモされているほか、急にメモしないといけなくなったときに走り書きで書いたメモも残っていました。 
買った当初は丁寧に書いていたものの、最近はちょっと雑に・・・
次に買う手帳は、コマが大きめのマンスリーで、分厚くないけどメモ欄が多いもの!とMさん。月ごとにデザインが違っていて、12月ならクリスマス仕様といったように季節感のあるものだとさらにいいと話してくれました。 
空いた時には手帳を開いて、いつ課題をするかを考えることが多いというまじめなMさん。また一緒にランチに行きましょう!ご協力ありがとうございました!