女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、大学の好きな所。

こんにちは。女子大生マーケティング部3年の鈴木です。夏休みで全く大学に行っていなかったのですが、この前久しぶりに行って、急に大学の友達が恋しくなってしまいました。さて、全国大学生活協同組合連合会が実施した「学生の消費生活に関する実態調査」では、自分の大学の好感度についてのランキングが発表されています。

▼「自分の大学が好き」という回答が多かった大学 
 1位:奈良教育大学 96.8% 
 2位:愛媛大学 92.1% 
 3位:酪農学園大学 92.0% 
 4位:東京大学 91.4% 
 4位:大阪樟蔭女子大学 91.4% 
 6位:東京学芸大学 91.0% 
 7位:麻布大学 90.8%
 
みんなで芝生の上でまったり~ こんな校舎が大好きです!
大学の中のことは、大学受験の際にいろいろ調べても、実際に通ってみないと分からないことも多いもの。ランキングでは上位7位以内はほとんどが男女共学が占める中で、唯一4位に大阪樟蔭女子大学がランクインしていますが、
女子大生は自分の大学のどのようなところが好きなのでしょうか。
私の周りの女子大生に、自分の大学の好きなところを聞いてみました。
・校舎がキレイ
・学食がおいしい。サービスしてくれる! 
・最寄駅が山手線沿いなので、交通の便が良い 
・最寄駅から近い 
・一つのキャンパスに全学部全学年が集まっているので、移動がなくてよい。 
・程よい校舎の広さ。迷わない! 
・緑が多くて癒される
・The キャンパス!といえる校舎で、芝生の上でピクニック気分でお昼を食べられる! 
・生徒数に対して教授数が多く、授業項目も多いためいろいろ選べる 
・授業内で、プライベートでは行かないような舞台などを安く観れる 
・少人数なので、先生とのコミュニケーションがよくとれる
立地や校舎に関する意見が多く、繁華街に出やすく、駅から近い。新築で広すぎない校舎が人気でした。また学食も重要で、安いのはもちろんのこと、野菜不足になりがちなのでサラダ付きが良いとのこと。一日分の野菜使用!などと書かれていたら、絶対それを選ぶんだとか。授業は少人数がポイント。教授との距離が近いことでコミュニケーションがとりやすく、気にかけてもらえていることがわかり、嬉しくてやる気もでるそうです。
私の通っている大学は、最寄駅から徒歩20分程のところにあるため遠いのですが、人気の街にあり、可愛い雑貨屋さんやカフェ、オシャレな人も多く、見ていると飽きずに通えるので、とても好きです。この大学を志望した理由の一つでもある、緑が多い大学キャンパスらしい校舎もお気に入りで、晴れの日は芝生の上で友達とゆっくりしています。また、学食にバイキング形式のものがあり、グラム単位で値段が決まり、安い上に野菜も豊富に揃っているため、良く利用します。
大学によっては、授業の一貫で演奏会や落語芸能を見に行ったり、有名企業の社長さんが特別講師として公演するものがあるそうです。興味がなく、自分では絶対行かないような舞台。普通だったら会えないような方の公演を聞くことで、感化され、新たな世界に興味を抱けるかもしれません。大学は自分の将来を決める場でもあるので、こういった授業が増えるのを期待しています!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です