女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、バレンタインデー。(4)

こんにちは。女子大生マーケティング部3年の行時です。
雑誌「Steady.」の2月号読者アンケートに、次のようなデータが発表されていました。

▼本命チョコを渡す予算は?
・2,000円以下:35%
・3,000円以下:27%
・1,000円以下:23%
・5,000円以下:12%
・それ以上:3%


すでに女性誌では多くの特集が。

もうすぐ2月ということで、書店ではよく「手作りチョコ」の本がみられるようになりました。しかし、周りの女子大生に話を聞いてみると、特に就職活動中の3,4年生は忙しいので「チョコレートは手作りしない」とのこと。それでは、今年のバレンタインはどのようなものを渡す予定なのでしょうか。聞いてみました。

・男性には、GODIVAなど高級なものを渡しても理解されなそうなので、見た目重視で可愛いチョコレートを買う予定。予算は1500円くらい(3年)
・チョコレートは500円程度のものを買って渡して、あとはプレゼントに時計を渡す予定(4年)
・去年は手作りしたが、今年は一切チョコレートを渡さず、代わりにごはんに行く予定。私がごちそうするので、それが気持ち、ということで(4年)
・チョコレートをは、作るとかなりお金がかかるので作りたくない。今年は百貨店で適当なものを買う予定。予算は3000円くらい(3年)


手作りしない人の中にも、チョコレート以外のものをプレゼントする人と、やっぱりチョコレートを渡す、という人の2種類いるようでした。実は「チョコレートだけ渡しても喜ばれないのでは(2年)」という不安を持っている人もおり、どうしてもプラスαでプレゼントを買う傾向にあるようです。年齢があがるにつれてその傾向は高まり、特に4年生では「いつもより豪華な食事に行く」「ディズニーランドに行く」「小旅行に行く」といったように、チョコレート離れが進む様子。
チョコレート売り場に、男性向けのプレゼント売り場が併設されていたら、ついでに買う人も増えていくかもしれないですね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です