女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、お小遣い。

こんにちは。女子大生マーケティング部3年の須藤です。
AKB48のメンバーが、2月26日から9夜連続で放送される学園ドラマ「桜からの手紙」に総出演するようですね。彼女たちは家でお小遣いを貰っているのか気になる今日この頃です。
R25/リポート9月27日特別発行号は、以下のランキングを発表しています。

▼お小遣い制になったらいくら欲しい?(2010年8月11~13日に首都圏在住の25~34歳の会社員500人(未婚者)を対象にインターネット調査。協力/楽天リサーチ)
1位:3万円以上5万円未満(45.8%)
2位:5万円以上8万円未満(27.0%)
3位:2万円以上3万円未満(14.4%)
4位:8万円以上12万円未満(5.8%)
5位:2万円未満(4.2%)
6位:16万円以上(2.4%)
7位:12万円以上16万円未満(0.4%)

結婚したら1位の3万円以上5万円未満のお小遣い制にしようと思います。
女子大生と、お金の使い道。では、お正月、どんなものにお金を使う予定があるか聞いてみました。今回は女子大生12人に普段のお小遣いを貯めるか使うか聞いてみました。
<貯める>
・卒業旅行のために毎月半分は口座に入れている。
・春休み、夏休みの旅行のために貯める。
・ポルノグラフィティとか、好きなアーティストのライブのために貯める。

<使う>
・洋服、飲み会、ケータイ料金の支払い。
・外食、旅行代。
w-inds.のツアーやグッズ代。
・年4、5回はディズニーランドに行くから、その入場料とかお土産代。
・サークル(バド)の体育館代とか、シャトル代とか。
・親と買い物に行くと買ってくれるから、貯金はしない。
・お小遣いは無いが、親と出かけると買ってもらえる。
・親と出かけたときについでに買ってもらう。
・洋服や飲み会に使って、余ったら貯金箱に入れている。


お小遣いはお財布と貯金箱ではんぶんこ
コツコツと貯めている人は、欲しいものの目標がある人中心で、ほとんどの人は貯めるよりも使ってしまうようです。
また、お小遣い制ではなく、親と出かけたときに買ってもらうという人が多くいました。
ひとつの売り場で母親と娘の両方が楽しめる品揃えがあれば、一緒に買い物をすることができるので、おねだりがしやすくなるかもしれませんね。
私はお小遣いは月初めに貰います。月初めはリッチな気分になっているので、支出も多い気がします。
月初めにセールなどがあれば、つい買いに出かけてしまうかもしれません。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です