女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、睡眠。(4)

こんにちは。女子大生マーケティング部2年の伊藤です。夏休みは昼夜逆転な生活だったのですが、今では規則正しい生活になっています。直すまでは、早く眠れなくて大変でした…。寝不足だとコンタクトが入らないし、すぐ乾燥してしまうのがつらいですよね。冬休みはキチンと早寝早起きして過ごしたいものです。今回は、R25Reportの9/27号で、R25世代500人対象アンケートのデータをご紹介します。

▼R25世代1日の睡眠時間
・25~29歳(7時間40分)
・30~34歳(7時間37分)

7時間は私にとって、理想の睡眠時間です!7時間寝ると、昼間絶対に眠たくならないし、元気に過ごせます。今回は周りの女子大生に、普段何時ごろ寝て何時頃起きるか、なぜその時間なのか、聞いてみました。

テレビを見ると、ついつい番組の最後まで見てしまい夜更かし…。
・普段は、1~2時に寝て、8時に起きる。録画していた番組を見たり、借りたDVDを見たり、携帯をひたすらいじっていたり、ぼーっとしているといつの間にか時間が過ぎてしまっている。0時には寝たい。朝は、7時に起きないと1限に間に合わないのになかなか起きれず…。休日は、寝る時間は変わらないが、起きるのは11時だったり、午後になっていたり。
・平日か休日かで寝る時間は変化せず、アルバイトがあるかないかで変化する。アルバイトがある日は、帰りが遅くなるため、1時半頃寝る。ない日は0時~0時半あたりには寝る。起きる時間は、いつもは7時~7時半頃。今日はゆっくりすると決めた日は、9時頃。ものすごく疲れていて、翌日予定がなければ目覚ましはかけずに寝て、11時頃まで寝ることもある。夜起きていても頭が動かないため。また、夜更かしすると胃がもやもやしたり、気持ち悪くなったり、ニキビができたりと嫌なことばかりのため。朝早く起きるのは気持ちがいいが、夜遅く寝ると起きる時間も遅くなり、生活リズムが崩れるのが嫌。
・2時頃に寝て、7時半位に起きる。夜は、ゼミの資料を作成していたり、バイトから帰ってゆっくりしているとそのくらいの時間になってしまう。
・1時頃に寝て、6時頃に起きる。夜は疲れてすぐ眠たくなり、1時前でも寝てしまう。勉強などは、夜より朝早く起きてやる。休日もアルバイトがあるので、大体同じ。
・2時頃に寝て、8~9時頃起きる。DVDを見たり、だらだらしてしまって2時になってしまう。一人暮らしなので、なかなか1限に間に合う時間に起きれない。
・1時~2時前に寝て、とりあえず7~8時にアラームは鳴らす。大学のない日は9時まで寝てしまう。休日は、一度起きても昼頃まで寝てしまうことがある。夜はもっと早くに寝たいが、お風呂上がりに何か作業をしたり、メールを送ったり、本を読み始めたりするとその時間になってしまう。いけないなーと思いつつ、止められない。

「女子大生と、睡眠。(2)」では、日中の眠気について、「女子大生と、睡眠。(3)」では睡眠関連のグッズについての記事が書かれています。意見は、しっかりすぐ寝る派と、ゆっくりして寝る時間が遅い派に分かれました。 しっかりすぐ寝る派は朝型なのでしょうか。大体2時にはみんな寝ているようです。夜更かしの原因は、テレビやDVD、アルバイトにあるようです。また、だらだらして時間を無駄にしてしまう人もいるようです。携帯は、ついだらだらいじってしまいますよね。一定の時間を過ぎたら、”今日やることは終わったの?”
などと画面が切り替わって表示されたら、面白いですよね。テレビも、一定時間を過ぎたら自動的に録画されて、”今日はもう寝ましょう”
なんて表示が出たら、録画されているので安心して眠れますね。朝は、自動的にカーテンが開いて、太陽の光が自分の顔に照らされたりしたら眩しくて起きちゃいそうです。ケータイのアラームで、巨大な爆発音やうるさいハエや虫の音が聞こえたら起きそうです。しかし、目覚めが悪そうなので、思わず起きちゃうようなハッピーな音楽や音が流れれば、心地よく起きれそうですね。一定時間になると、美味しい香りが漂ってくるアイテムなんかもあったりしたら良いですね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です