女子大生と、いらない物。

こんにちは。女子大生マーケティング部2年の伊藤です。つい、まだ使えるかも…と何でもとっておいてしまいます。最近、雑誌の整理、クローゼット内の整理をして部屋がスッキリし、1ヶ月1度いる物といらない物の大整理をしようと思いました。めざましテレビで9月27日に放送されていたココ調より、街の人のアンケートの結果データをご紹介します。

▼パジャマの上着ポケットは必要?
・必要(21%)
・必要ない(79%)
▼アルミカップの白い紙は必要?
・必要(37%)
・必要ない(63%)
▼ウィンナーの袋を止めるテープは必要?
・必要(11%)
・必要ない(89%)


雑誌を処分する際、とっておきたいページはスクラップします!
言われてみれば、いらないかも…と思っちゃいます。今回は、周りの女子大生に、普段の生活でいらない物、無駄だと思う物、について聞いてみました。
・リピート商品のパッケージ。
小さい商品なのに、大きいパッケージのものは、お買い物時かさばるし、いらない。Mybag持参で2円引きというサービスなどがあるので、会計の時にパッケージはいらない、と言うと値引きしてくれるサービスが欲しい。
・洋服とタグをつなぐループロック(リング状にしてタグを取付けられる、止め具のこと)。
わざわざハサミで切るのが面倒。靴下などの場合、ループロックが中に入ったままで、履いた時に足に突き刺してしまったりする。最近では糸と安全ピンでプライスを洋服に付けているショップもあるし、その方がすぐに取り外せる。
・下着に縫われているタグ。
綺麗になかなか取り外せない。下着の糸も切ってしまいそうで毎回焦る。
・お買い物時の過剰包装。
透明のビニール袋は、使い道がないし、いらない。
・ペンの本体。リピートしたいペンほど、レフィルだけで販売されていない。ぜひ販売して欲しい。

周りの女子大生5、6人に聞いてみたのですが、急に「いらない物とか無駄なことってある?」と聞くとパッと出てきませんでした。しかし、過剰包装やタグの意見は一人が出すと、確かにいらない、無駄だよねー、とみんな同意していました。手間がかからず、いらないものが増えないように、お買い物できたらいいですね。