女子大生と、ネイル。(3)

こんにちは。女子大生マーケティング部2年の伊藤です。最近、思い切ってハロウィンネイルに挑戦しました。ピンク、オレンジ、クリアのラメグラデーションで、ジャックオーランタンのアートのソフトジェル(専用の液で落とすことができるジェルを爪の上にのせて、紫外線に当てて固める種類のネイル)です。爪がキラキラしていると、見るだけで気分がウキウキしちゃいます。ネイルのアートやデコレーションがたくさん掲載されている雑誌、ネイルUP!9月号では、20~30代男性に調査した次のようなランキングを掲載していました。

▼あなたは女性のどこのパーツを思わず見てしまいますか?
1位:手
2位:足・太もも
3位:二の腕
4位:胸
5位:うなじ


ハロウィンネイルです!指ごとにアートが違うんです。
手って意外と見られていますよね。うなじよりも、二の腕が上位にランクインしていたことがびっくりでした。二の腕は普段それほど気にしていなかったのですが、もっと引き締めなければと感じました。今回は、他人の目につきやすい指先について、ネイルをしているか、周りの女子大生に聞いてみました。
・していない。バイトで禁止されているから。足はピンクなどの暖色系のネイルを塗っている。
・している。自爪で、アートなどはしていなくて、1色。ネイルサロンには一度行ってみたい。
・している。自爪で、1色派。手元は派手なものが好きではないから。ライン用のラメで、ペディキュアした上から遊んだりはする。
・している。ジェルネイル。ジェルネイルキットを買って自分でやっている。ピンクやベージュをベースにして、ラメでラインがけしたり、上品な感じに仕上げている。
・している。前までは自爪派で、ピンクをベースにラメを重ねたり、白ピンクで簡単なアートをしていた。今はネイルサロン派。凝ったアートもしてくれるし、爪も丈夫になるし、ジェルだと1ヶ月持つので楽だから。
・していない。バイトで禁止されているから。しかし、イベントごとやライブの時だけスカルプ(スカルプチュアの略で、自分の爪にあったつけ爪のこと)をつけている。

「女子大生と、ネイル。(2)」では、ネイルの種類について詳しく書かれています。バイト先ではネイルが禁止のため、夏場にペディキュアをするぐらい、と答える女子大生が多かったです。しかし、夏休み中は、時々爪で遊んでいる友達を見かけました。旅行中や、バイトで休みが多い期間などに1週間程限定でネイルをする女子大生もいるようです。ネイルサロン派の女子大生は少なかったのですが、行ってみたいという多くの声がありました。ネイルについて、悩みはあるか、についても聞いてみました。
・割れやすい爪を4本抱えていて、長く伸ばせないことが悩み。大抵2センチ伸ばした辺りで割れてしまう。補強剤も効かない。ジェルに変えて、伸ばそうかとも思うが、あまり長いと今度はコンタクトが外せなくなるから、結局伸ばせない。
・ネイルを落とすのが大変。特にラメを落とすのが大変。
・アートを自分でやる場合、右利きだから右手のアートが難しい。
・ジェルだと自爪より爪に負担がかかるので、剥がれると爪にヒビがたくさん入っていて、またすぐネイルをして、補強しなければならないのが面倒。
・せっかく綺麗にネイルしたのに、バイトなどですぐに先端が剥がれてしまう。
・ネイルをして、放置する時間が短いからか、毎回2本ほど失敗してしまう。

ネイルを落とすのに時間がかかる、なかなかラメが落ちないという意見は多かったです。爪に負担があまりかからなくて、スルッと落ちるリムーバーがあると便利ですし、頻繁にネイルを変えられますよね。また、速乾性のネイルは初心者だとムラになりやすい、という意見もありました。自爪の場合、ネイルした後いろいろ作業できる、速乾性だけど綺麗に仕上がるネイルは理想ですよね。先端がはがれないよう補強してくれるアイテムもあれば、ネイルをしていても気にしないで何でも作業できそうです。