女子大生と、アイシャドー。(2)

こんにちは。女子大生マーケティング部2年の伊藤です。目が腫れっぼったく見えて、苦手だったピンクシャドーに最近挑戦中です。秋は派手すぎず、落ち着いたシャドーだけれど、ぱっちりな目に見えるよう日々研究中です。25歳ぐらいからのOL対象の、オフィスでもOKな上品カジュアルな洋服が掲載されているSteady9月号では、読者1000人のアンケートで、メイクについてのデータが掲載されていました。

▼メイクとするとき、どのパーツを重点的にメイクしますか?
・目(56.6%)
・肌(29.3%)
・眉(16.4%)
・唇(13.8%)


アイメイクのコスメは気になる物がたくさんあります。
半数以上がアイメイクを重要視しているようです。アイメイクのコスメはどんどん新しい物が出ていますよね。今回は、アイシャドー(まぶたや目の周囲に塗る化粧品。目元に陰影をつけ立体的にしたり、目をはっきり見せるもの)について周りの女子大生に聞いてみました。
・アイシャドーベース(アイシャドーをつける前につけて、アイシャドーの持ちや発色をよくするもの)をつけてから、3色グラデーションにしている。
・1色だけで、上にラメを重ねている。
・上グリーン、下ピンクなど2色使いしている。
・3~4色グラデーションにしている。締め色は必ず使うが、2色目はその時の気分で使わない。
・パレットにある色を全部使って、グラデーションにしている。
・パレットの中でも、アイホール(上まぶたのくぼんでいる部分)の色はそのパレットでない物を使用したりする。
・他のパレットの似ている色で組み合わせて、グラデーション(目をより大きく見せる効果があり、まぶたの上の方は色が薄めの方が自然なため)にしたり、日々変えている。

グラデーションにしている女子大生がやや多かったです。1色の子は、アイライン、カラーアイラインで目元を引き締めているようです。使っている色は、ピンクとブラウンが多かったです。「女子大生と、アイシャドー。」では、アイシャドーの使い分けについての記事が書かれています。また、アイシャドーを捨てる時期、アイシャドーを新しくする時期はどんな時か、について聞いてみました。
・新学期や、季節の変わり目。アイシャドーの底が見えてきたら、捨てる。
・2年以上使用していないものは捨てる。高校生の頃に使用していたものは、大学1年の頃に買い替えた。よっぽど好きなものでない限り、3年以上は使用しないかもしれない。
・使っている色が飽きたら変える。グラデーションの1色が欠けたら捨てる。
・気になるアイシャドーが出たら変える。普段いろんな色のシャドーを使っているから、変えるというよりその中に加えるといった感じ。もう絶対使わないなと思ったら捨てる。

環境が変わったり、ずっと使ってて飽きたらアイシャドーを新しくするようです。1つのパレットでも、2,3通り使い方があって、少し変えるだけでも印象が変わる、といったパレットがあれば飽きずに長く使えそうですね。