女子大生と、通販。

こんにちは、女子大生マーケティング部3年の行時です。雑誌「steady.」の8月号で、読者1000人を対象に通信販売に関するアンケートを行っていました。その結果、読者がワンピースを買うのによく使っているという人気の通販サイトは、以下の3サイトだったそうです。

▼可愛いワンピを扱っている通販サイトは?
イマージュ
ニッセン
フェリシモ


何度も試着して、やっと形に納得して買ったジャケット。
女子大生と、カタログ通販。」でも紹介があった通信販売ですが、実際に周りの女子大生に聞いてみると、6人中3人が、インターネットやカタログを通して、通販を利用したことがあるとのことでした。そこで、通販を使ったことのある人に、通販のいいところと悪いところを、使ったことのない人にはその理由を聞いてみました。

<通販を使ったことのある人>
○通販の良いところ
・洋服は、普通に店頭で購入するよりも、価格が安い
・街を出歩いて購入するよりも楽だし、好みの洋服が見つかることがある
・買い物に行きたくても時間がないときに、時短になるので楽
・ベッドカバーや枕カバー、シーツなどは通販が安いし、持ち帰るのに重くないのでいっぱい買っても安心
・店頭では売り切れになっているものが買えることがある
○通販のあまり良くないところ
・イメージと違う商品が届いてしまうことがある
・素材が分からず購入することがあるので、失敗も多い
・送料がかかるので、それが負担になる
<通販を使ったことのない人>
○使わない理由
・なんとなく、不安
・特に洋服は、実際に試着をしないと失敗する気がする
・質が悪いイメージがある
・返品が出来るのかなど、仕組み自体をあまり理解していないかも…
・お母さんたちの世代の人が使うもの、という(ちょっと古い)イメージがある

普段から利用している人は、通販ならではの失敗もあるようですが、自分の生活スタイルや目的にあわせてうまく使い分けているようです。逆に、通販を使ったことのない人は、「なんとなく不安」というように、あまり良いイメージがないような印象を受けました。
今回話を聞いた女子大生の中には、「通信販売は利用するものの、洋服の場合は丈や素材などを見て確かめてから買いたい」という声が多く聞かれ、そのため「通販サイト(Fashion Walkerなど)である程度目星を付けておいて、後でお店で購入したり、逆にお店でいいなと思ったものを後からバイト代が入った頃に通販で頼んだりすることがある」という人もいました。
これから秋冬の洋服を買う機会が増えますが、それに伴って、洋服を買った時の紙袋はどんどん大きくなります。友達と遊んでいる途中や、少し遠出をする時は、あまり大きな荷物を持ち歩きたくないという人もいます。店頭で気にいった商品を、後日ネットで注文して家まで届けてもらえる。また逆に、ネットで気になった商品を、実際に試着してみて納得してから購入する。そんな、双方の繋がりがあるお店なら、買い損なったりすることもなく、うまく活用出来るように思います。