女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、常備薬。

こんにちは。女子大生マーケティング部4年の飯塚です。今年は熱中症にかかる人の数が相当多いようですね。熱中症だけでなく、夏バテや夏風邪にも注意したいものです。私も先日夏風邪を引いたのですが、自分に合う風邪薬がわかっているため1日で熱を下げることができました。数多くの薬の中から自分に最も合うものを見付けるのは、難しいですが大事なことですね。日経新聞には、後発医薬品に関するニュースと共に、中堅新薬メーカーの後発事業計画が発表されています。そこから2009年度の売り上げが以下であることがわかりました。

▼主な中堅新薬メーカーの後発薬事業の計画より、2009年度売上高
・持田製薬(20億円)
・明治製菓(146億円)
・あすか製薬(100億円)
・日本ケミファ(143億円)
・キョーリン製薬ホールディングス(86億円)

後発医薬品は価格が安いことで知られていますが、女子大生に尋ねてみるとやはり「薬は高いイメージ」と言う人が多かったです。中には家族と共同のものを使っていたり医薬品は親御さんが購入してくれたりするため、値段はよくわからないという人も。一人暮らしを始めて、初めて薬の高さを実感したという人もいるようです。また、やはり自分に合う薬を探すために、ドラッグストアでてきとうなものを買うのではなくなるべく病院で処方して貰うようにしているという人もいました。
しかし、出掛けた先や旅行先で突然薬が必要になる場合は自分で買わざるを得なくなると思います。そのために薬を普段から持ち歩いている人も多い模様。そこで、女子大生たちに常備薬は何かと理由を尋ねてみました。
○生理痛の薬
・生理痛が心配だから。夜眠れなくなったり歩けなくなったりするほど、生理痛が重いから。
・生理痛用だけれども、様々な痛みに効くから。
・ストレスで歯茎が荒れてしまいやすいが、これである程度痛みを抑えられるから。
・突然生理痛になってしまった友人にあげたり、逆に自分が持っていない時は貰ったりすることもある。
○酔い止め
・深夜バスなど長時間のものをよく利用するから。本を読んだりするには酔い止めが必要!
○鼻炎の薬
・旅行などで空気が違う場所に行くと鼻が反応してしまい、つらいから。
○便秘薬
・旅行中便秘になりやすいから。こういう人は多いらしく、友人にあげることも。
○胃薬
・旅行先でつい食べ過ぎてしまい、お腹を壊すことが多いから。
・旅行中お腹を壊して、美味しいものを食べられなくなってしまったらショックだから。


旅行先で薬を探して歩いた経験がある人も複数…
飲み薬ではありませんが以下のような回答も…。
○目薬
・遊びに行った先で盛り上がってそのままオール…という流れになることがあり、必ず目がつらくなるから。
○絆創膏
・小さくても切り傷で血が止まらないと、他のことが手に付かなくなるから。汚れてしまう場合もあるから。
・靴ずれの際に必要だから。
・最近可愛いケースも買ってしまったので、持ち歩くつもり。

持病で薬を飲んでいる子はそれに合わせて飲み合わせに注意が必要なものを持ち歩くのだそう。箱から出した状態で少量ずつ持ち歩く人が多いようですが、友人にあげる場合もあるので、飲み合わせについてはケータイのウェブページなどですぐにチェックできたら嬉しいですね。
また、私は布のポーチに入れておいたら中身が押し出されてしまい、無駄にした経験もあります。なるべくプラスチックのケースを使用した方が良さそうですね。最後の絆創膏のところにもケースの話がありますが、薬を持ち歩く用の可愛いケースが旅行用品のコーナーに並んでいたら、見てしまいそうです。おでん

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です