女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、出産。

こんにちは。女子大生マーケティング部4年の八木原です。先日久しぶりに会った友人たちと、この中で誰が一番早く結婚するか、子供は欲しいかなどの会話で盛り上がりました。今回はこんなランキングをご紹介します。(朝日新聞より)

▼出産祝いランキング
1位:ミキハウス テーブルウェア10点セット
2位:ミキハウス アニマルフード付きバスタオル
3位:ファミリア おきあがり人形
4位:小林メリヤス オーガニックコットンベビーローブ

私は結婚願望はあるのですが、子供を生むことには、将来の仕事の兼ね合いなどを考えると、とまだ考えこんでしまいます。そこで周りの女子大生に出産願望はあるか、いつ頃芽生えたのかなどを聞いてみました。
・出産願望はありますね。以前までは全くなかったのですが、去年の夏にスタジオアリスという子供の写真館で働く機会があり、そのときに幸せそうなお客様を見ていて、すごく微笑ましくなって自分もいつかこうなりたいなって思いました。
・30歳前をめどに出産したいです。昔は授業参観に若いお母さんが来て欲しい!ってわがまま言っていましたが(笑)、実際四大でるとキツイですね。それなりに仕事もしたいので30前くらいかなって思っています。サヨナラ、私の若いお母さん計画・・・・笑
・出産願望は大学3年になって芽生え始めました!この年になってから、街で赤ちゃんを見かけて幸せな気分になるようになりました。母性でしょうか・・・?
・最近働くことをまともに考えるようになって、出産願望が減った気がします。私は出産後も働きたいと思っているのですが、もし子どもが障害や病気を持っていたら、と考えるとフルタイムで働くのは難しいかなと思えるからです。ボランティアをしている友人との会話や、最近の待機児童の問題などからそう思うようになりました。


人生の大場面のひとつ。
大学生になり、将来のことを真剣に考えだし、結婚や出産に対して明確な思いが芽生えるのかもしれません。それと、中には「夫はいらないけど子供は欲しい」という意見を述べる人もちらほらいました。「時間的にも金銭的にもきつそうなので、出産前には海外旅行に行っておきたい。」「子育てのために地元に住まなければならないのかと悩む」等、まだ周りに出産を経験した人がいないため、イメージによる不安や懸念の声が多く挙がった気がします。出産や結婚は、今後社会で働いていく女性にとっては大事な問題です。女子大生に対して、出産も視野にいれた将来設計をレクチャーしてもらえる、そんな機会があればぜひお話を伺ってみたいと感じました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です