女子大生と、習い事。(2)

こんにちは。女子大生マーケティング部4年の大見です。最近就職活動や教育実習が終わり、時間に余裕ができてきたので、習い事でも始めたいなと考えています。体を動かす機会がほとんどない生活を送っているので、軽い運動ができる習い事を始めたいです。今日は習い事に関するデータを見つけたので、ご紹介します。(ノンノ6月5日号より)

▼習いごとをしていますか?
・はい(21%)
・いいえ(79%)

▼(習いごとをしている人に質問)どんな習いごとをしていますか?
1位:料理
2位:ピアノ
3位:英会話

          インターネットや雑誌から習い事が探せます
実用的な習い事をしている人が多いようです。以前、「女子大生と、習い事。」では、実用的な習い事の例をご紹介しました。また、「女子大生と、一日教室。」では、1回完結の習い事について書いています。そこで、今回は周りの女子大生に、興味のある習い事とその理由について聞いてみました。
・英会話。会話できて無駄にはならないから。
・英会話とピアノ。以前習っていて楽しかったから。
・習字。習っておけば時がきれいになったのかなと後悔している。
・習字。長年やっているが、まだ下手だから年を重ねた分極めたい。
・着物の着付け教室。浴衣を綺麗に着たかった。母や祖母の影響を受けた。
・ホットヨガ。一度やっていたことがあって気に入ったから。
・茶道と華道。日本人として身につけたいと思い、現在習っている。
・殺陣。昔から武道系に興味があり、映画の格闘シーンを観るとぞくぞくする。
・水泳。あまり泳げないので克服したい。屋内スポーツとしても楽しめそう。
・モダンバレエ。以前クラシックバレエをやっていたため、踊ることが好き。モダンバレエの方が年齢を気にせず踊れる気がする。
・フラワーアレンジメントや生け花。以前生け花をやっていたことがあるため。

やはり実用的な習い事が人気でした。その半面、好きだからやりたいという意見もありました。また、以前やっていたことを再度挑戦してみたいという意見もたくさんありました。そこで、以前やっていた習い事と、辞めてしまった理由も尋ねてみました。

・水泳、ピアノ、習字、華道、茶道。水泳はもともと苦手克服のためにやっていたが、やはり苦手なままで嫌になって辞めた。
残りの4つは進学の際に、時間がとれなくなり辞めた。
・社交ダンスとホットヨガ。金銭的に継続的に払うのがきつかったから。また、ダンスはサークルでやってるから十分と思ったため。
・モダンバレエとピアノ。進学により、時間がなくなったため辞めた。

時間や金銭的な理由で辞めてしまうことが多いようです。大学に入ると一人暮らしを始める女子大生もいますので、通えなくなる例もあるかと思います。しかし、今回話を聞いてみると、習い事自体には皆興味がある様子でした。一日教室のように、まずは一日気軽に参加できる習い事があれば気になってしまいます。さらに、学生割引などの学生特典があれば、金銭面が気になる女子大生も参加しやすく感じるかもしれません。また、大学のサークルや学園祭などで、学生と連携して体験イベントを行っていれば、気になって参加してしまうかもしれません。そして、身近な場所での体験を通して、その後習い事として続けたいと思ってしまうかもしれませんね。