女子大生と、携帯電話。

こんにちは。女子大生マーケティング部4年の大見です。天気の悪い日が続き、毎朝の天気予報のチェックが欠かせません。私は朝テレビで天気予報を見過ごした時は、必ず携帯電話でチェックしています。今日はそんな携帯電話に関するデータをご紹介します。(ノンノ6月5日号より)

▼1ヶ月の携帯代は?
・0~5000円(34%)
・5001~10000円(53%)
・10001~15000円(8%)
・15001円以上(5%)
▼1日に何通携帯電話でメールする?
・0~5通(51%)
・6~10通(29%)
・11~15通(2%)
・16~20通(9%)
・21通以上(9%)


カラフルな携帯電話がかわいらしいです
1ヶ月に携帯電話にかけるお金は多いですが、1日のメールの量は少なめのようです。女子大生マーケティング部でも女子大生の携帯電話に着目し、レポートしています。携帯電話一つとっても女子大生のこだわりが見えます。そこで、今回はどんな時に携帯電話を使うか尋ねてみました。
・電車で移動している時に使う。いろいろなサイトにアクセスしている。
・連絡しないといけない時に使う。
・緊張している時はついいじってしまう。
・場所関係なくどこでも使う。
・通学の電車の中で使うことが多い。休日はあまり利用しない。メールは必要最低限がいいので、用件のみのものが多い。
・退屈な授業中に使用してしまう。
・主に友達と連絡を取る時。家族と連絡を取ることも多い。

連絡を取ったり、時間を潰したりするために使う女子大生が多いようです。連絡手段としては、友達とはメールで、家族とは電話と話してくれた女子大生もいました。私も一人暮らしのため電話で家族と連絡を取る機会は多いです。家族間では、通話無料なので助かります。しかし、ちょっとした用事やお願いがある時はメールで済ませてしまいます。そこで、周りの女子大生に携帯電話でメールする際の良い点と悪い点も尋ねてみました。
<良い点>
・相手の生活リズムにあまり配慮する必要がなく気楽に送れる。
・いつでも気にせず打つことができる。
・相手がどんな状況でもとりあえずメッセージを残しておける。
・すぐに連絡が取れる。
・メールの調子で相手の人柄が垣間見える。
<悪い点>
・勘違いが多い。本音が見えない。
・ボタンが小さくて打ちにくい。
・予測変換であまり使わないものが出てくる。
・相手の顔が見えないため、返信が来なかった時もどかしく思う。
・読むのが早いので、スクロールできないと少しいらっとする。
・返信が遅い人に対してたまにいらっとしてしまう。
・連絡が来ないことに対し、不安を感じ、メールに振り回されてしまうことがある。
・常に縛られている感じがする。
・人によって好みの返信の速さがあるため、メール相手に気を遣う。

良い面からも悪い面からも、相手の様子を伺う女子大生の姿が垣間見えました。また、メールアドレスを打つ時、@以降が自社のものしか登録されていないので、他社のものも登録されていれば楽になると話してくれた女子大生もいました。さらに、なかには電話機能とメール機能だけの携帯電話が若者向けにもあったら気になるという意見もありました。そして、購入時のおまけもキャラクターのノベルティよりは、画面の保護シールや汚れを落とすマイクロファイバーなど、誰でも使える物が良いという意見も出ました。
携帯電話には様々な機種があるので、購入時はどのように使うことが多いかを踏まえた上で、オススメの機種を紹介してもらえたら気になってしまいます。また購入後の故障時、代替機種として同じメーカーの物を借りられたら嬉しいなと思いました。アフターフォローも手厚ければ、携帯電話自体への愛着も高まるかもしれませんね。