女子大生の、ケータイレポート。(126)

★情報社会学部4年 Oさんの手帳
こんにちは。女子大生マーケティング部4年の飯塚です。手帳から女子大生の日常に迫る、恒例「手帳レポ-ト」。今回は、IT関係に就職が決まり、勉強するためにプログラミングの授業を受けていると言うOさんにご協力いただきました。
好奇心やチャレンジ精神が旺盛なOさん。先日は私も一緒に、ラフティングに挑戦して来ました。緑溢れる利根川の上流で、とても気持ちが良かったとのこと。そんな彼女のケータイがこちら。

ストラップも邪魔で付けないのだそう
昨年、留学に行く際に換えたというW62SA。ずっとCASIOの機種が好きだったようですが、家族と合わせauの中でグローバルケータイを選んだらこれになったのだそう。「丸みを帯びたいかにもauらしいデザインが苦手」とのことで、割と角ばっている点もお気に入りだとか。また、音楽プレイヤーを持ち歩かないOさんにとって、リスモが使用可能な機種であることはずっと前からの条件なんだそう。しかし、カメラの画質が良くないところには少々不満を感じている様子でした。

「次はiPhoneが欲しいけれど、家族割がきかなくなってしまう」とOさん
ちょっぴり面倒くさがりやのOさんは、デコメは使わず、絵文字も毎回「よく使う絵文字」の中にあるものだけなんだとか。そのため友人に「メールが男みたい」と言われたことも。便利な機能は待ち受け画面からボタン一発で天気予報を見られるというもの。お気に入りのブックマークは占いサイトで、夢占いを見るのが好きらしく、ケータイだと起きたときにすぐ見られるのが良いそうです。また、待ち受け画面はプリクラの画像にしており、プリクラを撮る度に変えているとのことでした。
最近、お母さんに「社会人になっても着られる服を買うようにしなさい」と言われたというOさん。夏のセールもオフィスカジュアルの服を狙っているんだとか。もうすぐ内定者懇親会もあるそうなので、社員の方の普段の雰囲気もわかると良いですね。Oさん、どうもありがとうございました。おでん