女子大生と、UVケア。

こんにちは。女子大生マーケティング部1年の小山です。日差しが強くなってきたので、日傘がほしいなと思うようになりました。お店に行くと、必ずかわいいデザインの日傘がないかチェックしてしまいます。今回、こんなデータを見つけたので、ご紹介します。(with6月号より)

▼夏のUVケアアイテム
1位:ストール
2位:ニットカーデ
3位:グローブ
4位:晴雨兼用傘


紫外線の気になる季節の必須アイテム。近いうちに日傘が仲間入りする予定です。
普段の服装の一部として簡単に取り入れやすいストールとニットカーデが上位ですね。紫外線は女子大生にとっても気になるもの。そこで、周りの女子大生にどういったUVケアを行っているのか聞いてみました。
・日焼けの気になる季節は日傘を愛用している。とりあえず日傘をさしておけば大丈夫かなという感覚がある。
・顔はオールシーズンPH50+の紫外線クリームを塗っている。
・だてメガネ風のサングラスや長袖のUVカット加工のカーデ、UVカット加工のストッキングを使っている。
・顔が焼けないように、帽子をかぶっている。
・目や唇も日焼けすると痛いので、目薬やUVカットのリップクリームを使っている。
・多少暑くても、外では長袖を着るようにしている。

UVカット加工のカーデは女子大生にも人気があるようです。シンプルなデザインで色が豊富にあるのも魅力ですね。上記の意見とは反対にこのような意見もありました。
・日焼け止めは塗った後のべたつきや油っぽさが嫌いなので、あまり塗らない。
・ストールやグローブは暑いので、つけたくない。
・朝は時間がないので、日焼け止めを念入りに塗る時間がない。だからと言って、適当に塗るとムラになるので嫌。
・日傘やストールなどUVカット効果を重視すると、かわいいデザインのものが少ないので、あまり着ようと思わない。

日焼け止め特有のにおいやべたつきはどうしても気になってしまうので、いい香りのするものや面倒くさがりの人でも手軽に使えるものがあるとケアがしやすいですね。個人的には日傘やストールなどのアイテムにもどのくらいのUVカット効果があるのか表示してあると安心して選ぶことができるので嬉しいです。その点、ユニクロとアネッサのコラボ商品は90%以上の紫外線をカットすると表示してあり、選ぶ基準として助かります。