女子大生の、ケータイレポート。(106)

★国際教養学部3年 Rさんのケータイ。
こんにちは、女子大生マーケティング部3年の笹原です。恒例となっている「ケータイレポート」。今回は家族が上海に住んでいて、現在は祖父母の元で生活しているRさんのケータイをご紹介します。
今まで、海外生活が長かったRさん。今通っている学部も授業がすべて英語で行われるので、日本語の授業を受けたことがあまりなく、今年はじめて取った他学部のゼミでは苦労してるんだとか。そんなRさんのケータイは…

中は日本語ではなく英語に設定されています。
ドコモのS0903iだそうです。選んだ理由は複数のボタンと画面が表についてるデザインが気に入ったからなんだとか。また、買いに行った際、SONYに勤めているお父様に勧められたのも理由の一つだと言っていました。実は日本のケータイを持つのは初めてで今までずっと中国のものを使っていたので、日本のケータイの機能には驚き感心している反面、使いこなせないとも言っていました。

イギリスで買ったという筆箱も素敵です。
よく使う機能はメール・電話が主で、ネットもやり方が分からない中唯一使えるのが乗換案内なのだそうです。また、中国のケータイの場合、電話した人の方にお金がかかるシステムではないため日本のシステムには驚いたんだとか。ストラップはクリスマスにお母様からもらったスワロブスキーのチワワで、よくスティッチに間違えられると話していました。
夏休みに行った短期留学をきっかけに海外の大学院に行くことも考えていたRさんですが、色々な国の大学院を調べた結果、海外の大学院はかなり高額で奨学金をもらっても足りない様子。なかなか難しいとは思いますが、いけるといいですね。ご協力ありがとうございました!