女子大生と、チョコレート。

こんにちは。寒い時期は甘いお菓子が止まりません、女子大生マーケティング部3年の飯塚です。
クリスマス・お正月の次はバレンタイン…この時期、女の子にはわくわくするイベント続きです。女性誌には先月から、バレンタインデーに関する記事が掲載され始めていました。今回はPINKY2月号からこんなランキングを抜粋させて頂きます。(読者150人にネットリサーチ)

▼VDオススメチョコショップは?
1位:ゴディバ
2位:ピエールマルコリーニ
3位:BABBI

※VDとは、バレンタインデーのこと。

上記のようなブランドのチョコレートは、自分から渡す以外にも「逆チョコとして欲しい!」「お返しに欲しい!」と言っている人を見ます。「女子大生と、デパ地下スイーツ。」では、高級なスイーツをお土産や自分へのご褒美として購入すると述べています。しかし、私の周りにブランドチョコレートを自分用に箱で購入するという人は居らず、同じブランドのカフェを訪れたり単品のアイスを購入したりして楽しんでいる模様でした。
そもそもブランドに限らず、女子大生はチョコレートを食べるのか?と尋ねてみると、毎日食べている人から「友人の誕生日にチョコレートケーキを食べる程度」という人まで様々。毎日食べる人は100円台のチョコレートを何日かかけて食べ切るという人が多いようでした。そのため、小分けになっているものや箱が閉まって保存できるタイプのものがいい、と話している人もいました。

この時期、スーパーでちょっとお買い得になるのも嬉しいところ♪
また、この時期は冬季限定のチョコレート菓子もたくさん発売しています。その中から、私の周りの女子大生に人気のものをいくつか紹介します。
アルフォート バニラホワイト味(ブルボン)
値段が安く、普段から人気のアルフォートですが、こちらの冬季限定も大学の購買で販売され始め喜んでいる友人が何人かいました。
きのこの山 口どけミルクキャラメル味(明治製菓)
普段「たけのこ派」と言う人にも美味しいと好評でした。春のいちご味も最近発売し、気になっています。
Meltykiss(明治製菓)
ちょっとお値段が張りますが味は大人気なので、友人と食べる際やちょっとした贅沢として購入する人が多いようです。
白い小枝(森永製菓)
パッケージがかわいい、小枝は赤のイメージだから意外、と言われていました。小枝は手作りケーキをデコレーションする際に買うという人もいるので、バリエーションが増えてさらに楽しくなりそうです。
もうすぐ学期末、テスト勉強で頭を回転させたいときにも食べたくなってしまうもののひとつがチョコレートです。定番チョコに冬限定だけではなく、バレンタイン限定味やバレンタイン応援パッケージのものが出たら、さらに選びがいが出るかもしれませんね。おでん