女子大生マーケティング部へようこそ!
ファッションと、女子大生。

女子大生と、浴衣。(3)

こんにちは。女子マーケティング部の清川です。今月のはじめに大学の友人5人と花火大会に行ってきました。当初浴衣で集合予定だったのが、集まってみたら浴衣は0人、甚平2人。メトロガイド8月号ではこのような集計がされていました。

▼花火大会では浴衣や甚平を着ますか?
1位:着たことがない(46.1%)
2位:あまり着ない(31.1%)
3位:ときどき着る(18.6%)
4位:必ず着る(4.2%)

友人に浴衣を着なかった理由を聞いてみたところ、その日学校があったので着替えるのが大変だったから、という意見がほとんどでした。また、その日雨が降るかもしれない、と言われており、雨の日の浴衣ほど動きにくいものがないからというのも理由のひとつでした。

平日ではありましたが浴衣の方も見かけました。
浴衣は上にも書いたように動きにくく、見た目は涼しいですが着ていると暑いものです。この夏、花火大会に浴衣を着て行った友人に、浴衣の不便な点を聞いてみました。
・着付けが大変
・大きなサイズの鞄で、浴衣に合うものがない
・背もたれに寄りかかれない
・混んだ車内では着崩れが気になる
・段差が歩きにくい

平日の学校帰りでも浴衣を着ていけるように、「女子大生と、浴衣。(2)」にあるような、着付けのサービスだけでなく、気軽に使える着替える場所の提供があればと思います。最近、トイレにてフィッティングルームを見かけることは多くなりましたが、浴衣を着るにはそれなりのスペースが必要です。場所を利用したら着替えを預けられるクロークサービスもあればいいですね。来年の夏には、もっと気軽に浴衣を着て歩けるような環境が増えていたら嬉しいです。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です