女子大生の、ケータイレポート。(55)

★看護学科 3年 Mさんのケータイ
こんにちは!女子大生マーケティング部3年の藤田です。
女子大生がいつも持ち歩いているケータイから、秘密を探る「ケータイレポート」。今回は、県立大学で看護を学んでいるというMさんのケータイについてご紹介させていただきます!
看護を学ぶ一方、英語が大好きだというMさんは、この前の春休みを利用して、貯めたアルバイト代で、カナダに短期留学に行ってきたんだとか。そんな何事にも一生懸命なMさんのケータイは、auのW62SH

ディズニーキャラクター、プルートのストラップは、お母さんとおそろいだそうです。
Mさんは、前のケータイの重量が重かったということと、今のケータイのデザインと重量の軽さに魅かれて大学に入ったときに買い替えたんだとか。しかし、見た目を重視してしまったため、ボタンが重く強く押さないといけない点と、デコメを作るときに反応が遅いという点で困っているようです。
ケータイ画面の大きいところがお気に入りのMさんにはこだわりがあり、パソコンに送ったときに画像が綺麗なように写メールは必ずデジカメモードで撮影するとのこと。物や思い出を大事にするMさんは、今でも前のケータイを、2つ目のアラームとして使用したり、保護されているメールや写真を見返して励みにしたりするため、充電して使用しているんだそう。

今のケータイにも、たくさんの思い出がぎっしり入っています!
これから看護の実習でますます忙しく一方、語学にも励みたいという頑張るMさん。そんな疲れた体を癒してくれるアロマキャンドルを焚くことは生活には必須なんだとか。国際的な看護師として将来がんばってくださいね!どうもありがとうございました!