女子大生マーケティング部へようこそ!
生活スタイルと、女子大生。

女子大生と、泡。(2)

こんにちは。黒染めスプレーのおかげで髪の毛がバサバサに・・・(;ωq`)女子大生マーケティング部の久原です。
先日の「女子大生と、泡。(1)」では、洗顔の際に使う泡について紹介しました。そこで2回目の今日は、髪の毛にまつわる泡についてご紹介したいと思います。まずは以下のランキングをご覧下さい。

▼女性用染髪料・ヘアカラー商品ランキング
1位:ブローネ泡カラー(花王)
2位:ビゲン香りのヘアカラー(Hoyu)
3位:プリティアふんわり泡カラー(花王)
4位:ビゲンクリームトーン(Hyu)
5位:ビゲンスピーディーカラー(Hoyu)
6位:ブローネ艶カラー(花王)
7位:シエロヘアカラーEX(Hoyu)
8位:サロンドプロ無香料ヘアカラー(ダリア)
9位:ウエラトーンツーブラスワン(P&G)
10位:Paltyヘアカラー(ダリア)

昨年12月に掲載されていた日経MJ(2008.12.8付)バイヤー調査ヒット分析ランキングによると、女性用染髪料(以下、ヘアカラー)に変化が出てきているとのこと。こちらのランキング上位に注目してみると、これまでのクリームタイプの染髪料とは異なり、泡状のフォームで髪の毛を染めるタイプが人気のようです。ブローネ泡カラープリティアふんわり泡カラーなど、シャンプーの泡のような使い心地で手軽に利用できる点が人気の秘密なのかもしれません。実際に新製品の泡のヘアカラーを使った女子大生の感想はというと・・・
・泡が液ダレを防いでくれるので、洋服や首元に液がつく心配がなかった。
・根元までしっかり染まるので美容院並みの仕上がりで満足!
・シャンプーをするような手軽さと、モコモコする泡が楽しくて良かった。
・ヘアカラー特有の臭いがあまりせず、時間を置いている間も楽ちん。

宣伝効果のおかげか、女子大生の評価は全て◎!女子といえども、手間と時間を省いてキレイになれるのなら、良いにこしたことはないんです☆

泡のヘアカラーパッケージ。シャンプーと間違えそう!?
ついでに泡のヘアカラーに限らず、自宅用のヘアカラー商品を実際に使ったことのある人にも話を聞いてみました。
<良い!>
・美容院に行くと6000円以上はするけれど、自宅で染めれば700円程度なので、金欠の時はかなり助かる。
・最近は色々なカラーバリエーションがあるし、見た目もきれいに仕上がる。
・パッケージをみて可愛いものを買うこともある。

<悪い・・・>
・自分で染めると絶対染めムラができてしまうので何か工夫が欲しいところ。
・自宅用のヘアカラーはとにかく髪の毛がギシギシして困る。
・付属されているトリートメント剤の量が少ないので、もう少し内容量を多くして欲しい。

市販されているヘアカラーは、経済的にはお得な反面、カラー中の手間や仕上がり、髪が痛むかもしれないというリスクがあるのは事実。しかし、泡のヘアカラーは女子大生の支持も上々。現状の問題を解決する画期的な泡製品になっているのではないでしょうか。私が紹介した泡製品に限らず、日用品や食料品、ハンドソープやシャンプーの泡からの発想も、今後は商品開発という場で大いに生かされていくかもしれません犬

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です