女子大生と、衣料品ブランド。

こんにちは、最近一番高かった衣料品はスーツ一式。女子大生マーケティング部3年佐野です。
春物の洋服もまだちょっと早いけれど、冬物を買うには遅いし・・・と、女子大生の洋服購入意欲が低くなる3月。日経MJで衣料品のブランド人気トップ10が発表されていました。

▼衣料品のブランド人気トップ10
1位 バーバリー
2位 ユニクロ
3位 ルイ・ヴィトン
4位 無印良品(MUJI)
5位 ラルフ ローレン
6位 リーバイス
7位 グッチ
7位 エルメス
9位 ギャップ
10位 クリスチャン ディオール/オム


大健闘のユニクロ!!
カジュアルな商品を打ち出すブランドが数社ランクインしていますね!最近は海外高級ブランドへの関心が薄れていると言われていますが、周りの女子大生にいったいどのような基準で衣料品を購入するのか聞いてみました。
・好きなブランドがあり、店員さんとも仲が良いので、そこでしか買わない。
・流行の形はどこのお店でも売っていたりするので、ポイントをつけてくれたり、特典が多いところで買う。
・トップスなど、目立つものは可愛いブランドで決めるが、正直ジーンズなどのメーカーが認識されにくいものは格安ブランドを愛用。
・雑誌などを見て購入したい形を決め、ファッションビルに行って、いろいろなお店を一気にチェックし、求めている形の一番安いものを買う。
・洋服は質が良くて着まわしのきくシンプルなものだけ。アクセサリーで差をつける。

有名ブランドだけにこだわっている女子大生は意外に少ない・・・?
できるだけリーズナブルにおしゃれを楽しみたい女子大生にとって、目立たない商品はノーブランドで、目立つものだけはハイブランド!という着回しテクの子が多数。品質、価格、ブランド名など、そのブランドごとの良い部分を見抜いて、上手にコーディネイトを楽しみたいですよね♪ハート