女子大生と、手帳事情。

こんにちは、女子大生マーケティング部の生亀です!
今日で、女子大生マーケティング部『手帳レポート』は100回目を迎えました!+。:.゚ヽ(´∀`)ノ゚.:。+
これまでの『手帳レポート』から、それぞれ手帳に細かいこだわりを持っている事がわかります。私も今までプライベート用と就活用と手帳を分けて二冊使用していたのですが、最近あまりに効率が悪いと思い、どちらにも使える新しい手帳を購入しました。全ての予定が一目瞭然でかなり便利。毎日愛用しています。

B6サイズのタイムコントロールスケジューラー。
就活を始めた3年生の間では、予定がありすぎて手帳がないと自分の予定がわからない!という声もチラホラ。そんな生活必需品となっている手帳に迫る「手帳事情」の特集が日経WOMANで組まれ、その中で公式サイトで1556人を対象に行ったアンケート結果が発表されています。

▽日常のスケジュール管理は主にどんなものでしていますか?(複数回答・トップ5)
1位:1年ごとに買い換えるタイプの手帳(76%)
2位:毎年レフィルを入れ替えるバインダー手帳(19.9%)
3位:携帯電話のスケジュール機能(19.1%)
4位:メモ帳(7.8%)
5位:ノート(5.2%)

▽手帳を選ぶときに重視しているのは?
1位:機能性(72.1%)
2位:デザイン(49.9%)
3位:スケジュール表のレイアウト(45.6%)
4位:大きさ(38.2%)
5位:価格(30%)


購入のきっかけはズバリ機能性。
今までの手帳レポートや周囲の女子大生達に手帳事情を聞いたところ、傾向としては1・2年生がキャラ手帳を使う人が多く、就活中や就職を控えた3、4年生はシンプル手帳やブランド手帳を愛用している人が多い様子でした。
手帳に求めるものは人それぞれですが、ほとんどの人が共通していたのは、Monthlyの欄が大きい方が使いやすい!という事。手帳を持つ目的である「予定」を書き込む上で一番重要な点ですよね。キャラばかりが目立っていて予定書き込む時に邪魔になる、外見を重視するあまり本来の使用目的が薄れる、これでは本末転倒です。しかし手帳に限らずそういった商品は意外に多くあるような気がします。外見よりも本来の特徴を最大限に活かす使える商品が今後増えていって欲しいですね
女子マーケティング部では引き続き女子大生の手帳レポートを行っていきますので是非そちらもお楽しみに!