女子大生と、読書。

こんにちは!女子大生マーケティング部の室橋です。気候、ファッション、グルメ、どれももう秋本番となりましたね。秋と言えば、私は食欲の秋ばかりが先行してスポーツの秋が一向に訪れません。こうして肥えてゆくのですね…。さて、残るは読書についてですがちょうどフリーペーパーのL25に、20~34歳の女性を対象に行った読書に関するアンケート結果が載せられていたのでご紹介します。

▼今年、本(マンガ、雑誌除く)を何冊くらい読みましたか?
1位:7冊以上(60.6%)
2位:3~4冊(13.0%)
3位:5~6冊(12.2%)
4位:1~2冊(10.9%)
5位:0冊(3.3%)

▼読書の主な目的は?(女性のみ抜粋、複数回答)
1位:泣いたり楽しんだり、感動したい。(63.7%)
2位:幅広く情報を得たい。(30.8%)
3位:現実逃避したい。(30.6%)
4位:暇つぶししたい。(24.7%)
5位:役立つ専門知識を得たい。(18.4%)
6位:その他。(8.3%)

だいたいの人が一ヵ月で1~2冊の本を読んでいるそうです。そういえば、手帳レポートの取材中にマイブームを聞いた時に「通学時間の読書」と答えてくれる友達も何人かいました。また、女性は泣いたり楽しんだりと、娯楽として読書を楽しんでいるのでミステリーや恋愛小説が人気で、男性はその逆に知識を得ることを目的に読書する人が多いのでビジネス本が人気だというデータもありました。
女子大生である私は…というと、あまり読書をしないほうです。読むとしても割と男性の感覚に近く、ゼミやレポートに関する本を読んだり、タイトルに惹かれた新書を読むことが多いです。

本を持って登校する時はランチバッグが便利だということを発見。3~4冊がすっぽり収まる☆
また、最近では本の世界にも変化が。なんと、横書きで書かれた本が発売されているのです!
・ヨコガキ×こころ
皆さんご存知、夏目漱石の「こころ」の横書きバージョン。
・ヨコ組大活字六法2008
 お堅いイメージの六法も、これで少しは身近に感じる!…のでしょうか。
いずれも書く方向だけでなく、余白の大きさやフォントも工夫しているんだとか。ケータイ、パソコンに慣れている世代にとってはやはり横書きのほうが親しみやすいようです。ターゲットとなる世代の生活をよーく見てみると、今までにあった商品でも新たな商品企画のヒントになるかもしれませんね鳥