女子大生と、寄り道。

女子大生マーケティング部の中山です。
わたしの通う大学では、そろそろ後期の授業が始まります。学校が始まったらすることと言えば…そう、寄り道。(もちろん勉強もしますよ!)
「特に何の用もないのに、色々なお店をフラフラ覗いてから帰る」というのが、授業が午前中で終わる日の定番になりつつあります。
こんなわたしのような女子学生は、意外と多いのかもしれません。雑誌「販促会議」2008年8月号に発表されていたM1・F1総研が首都圏在住の20~34歳の男女に対して行った調査によると、学生(女性)が帰宅途中に寄り道をする頻度はほぼ毎日が22.3%、週に2~3日が42.9%!男性に比べ、女性の方が寄り道をしやすいという結果になっています。また、寄り道の際によく行く場所は以下のとおり。

▼寄り道する場合に行く場所(女性)
1位:コンビニエンスストア(58.1%)
2位:スーパー・GMS(41.5%)
3位:本屋・古本屋(36.6%)
4位:ドラッグストア(35.9%)
5位:ファッションビル(26.6%)
6位:百貨店(デパート)(23.7%)
7位:100円ショップ(21.8%)
8位:銀行(ATM)(19.9%)
9位:CD・DVD等販売店、レンタルショップ(15.3%)
   エキナカの商業施設(15.3%)
10位:カフェ(14.4%)

アンケートでは男性に比べて女性の方が複数選択する割合が高く、いろいろな場所に寄り道をしているようです。
女子大生に話を聞いてみても寄り道好きな子は多く、「特に買う気がなくても、いろいろな商品を物色するのが楽しい」と言って週の半分は品揃え豊富なコンビニやスーパー、ドラッグストア、100円ショップのどれかに必ず立ち寄るという人も。また、カフェなどに1人で寄って本を読んだり、課題をしたりする子も多いので、店内が綺麗だと長居したくなるという意見もありました。

今日はどこに寄ろうかな?
ちなみに、「1人で寄り道をする」と答えた人は男女ともに80%以上!1人だと相談する相手がいないため、店員さんの一言手書きのポップなどがすごく参考になります。1人でも入りやすいお店や長居しやすい飲食店、フレンドリーな店員さんがいるショップなどは、寄り道好きな人たちのお気に入りスポットになるかもしれませんね鳥